メニューを飛ばして本文へ移動する

教職大学院の紹介

コースの構成

本学教職大学院には、学部卒業者及び社会人対象の「教育実践力開発コース」、現職教員等対象の「スクールリーダーシップ開発コース」の2コースにより構成されています。

カリキュラムの特徴

本学教職大学院のカリキュラムには、4つの特長があります。
 
授業については、学部卒等院生と現職教員院生が共に学ぶ「共通科目」、コース毎に学ぶ「コース別科目」があり、理論的知識を身に付けます。「課題演習」では各自が実践的課題に取り組み、授業で獲得した知識や技術を、直面する課題解決へと展開します。これらの学びを「学校における実習」で実践します。そこで得た発見を、課題演習や授業での学びにフィードバックさせていきます。
本学教職大学院では、このような学びのサイクル(理論と実践の往還)を大切にしながら、教師としての力量を向上させていきます。
  • 現職教員院生と学部卒等院生が共に学ぶ 共通科目

    共通科目は、全コースの院生が共通に学ぶ基本科目で、今日的な教育課題について幅広い専門的知識と実践力を修得するための5領域(教育課程、教科指導、生徒指導など)から構成されています。
  • 教師としての専門性を深める コース別科目

    実践力、教育の未来を考えるための幅広い専門的視野と実践的開発力の育成のため、各プログラム3~5領域から構成されています。各プログラムの育成する人材像に沿った授業を講義・演習形式で行います。
  • 理論と実践の往還の基盤となる 学校における実習

    教職大学院の基本的課題である理論と実践の往還をめざし、すべてのプログラムにおいて幅広い領域の実習を行います。実習は本学の附属学校に加えて、公立学校と連携して実施します。
  • 2年間の学びの成果としての 「課題演習」

    教職大学院では、2年間を通して「課題演習」が設定されています。教育実践研究の進め方を習得したり、学校現場がもつ課題の改善・解決のための取組を実践し発表したりします。

取得できる学位および教員免許

学位

教職修士(専門職)

教員免許

教育実践力開発コース

スクールリーダーシップ開発コース

  • 小学校教諭一種免許状(※1)
  • 小学校教諭専修免許状
  • 中学校教諭専修免許状
    免許教科等:国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語
  • 高等学校教諭専修免許状
    免許教科等:国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、書道、保健体育、家庭、工業、英語
(注)
※1 小学校教諭一種免許状授与の所要資格を取得できる者は、教育実践力開発コース「初等教育高度実践力特別プログラム」に在学する者のみです。
※2 専修免許状を取得するためには、当該一種免許状を有していることが必要となります。

修了に必要な単位数

共通単位数 ※教育実践力開発コース初等教育高度実践力特別プログラムを除く

共通科目 18単位 学部卒等院生と現職教員院生が学校教育に関する内容(教育課程、教科指導、生徒指導、 学級・学校経営、学校教育と教員の在り方など)について学びます。
コース別科目 14単位 教師としての専門性を深める科目
課題演習 4単位 各人の設定するテーマに基づく2年間の実践的研究
学校における実習科目 10単位 理論と実践の往還の基盤となる継続的な実習
合計 46単位  

お問い合わせ先

教職大学院事務室

TEL : 0940-72-6012・0940-35-1411
E-mail : grdsptch★fukuoka-edu.ac.jp
※★は@に置き換えてください。