このページの本文へジャンプする

新着情報

News

令和元年度九州教員研修支援ネットワーク第1回協議会を開催しました

 今年度の初会合となる「令和元年度九州教員研修支援ネットワーク第1回協議会」を7月26日(金)、福岡教育大学で開催しました。九州教員研修支援ネットワーク(以下、「ネットワーク」という)は、平成31年3月に発足し、九州・沖縄の教員養成機能を有する大学と教育委員会等とが連携して、教員研修の効果的・効率的な実施に向けて情報の提供・共有や研修プログラム等を開発する組織で、福岡教育大学の教員研修支援センターが事務局を担当しています。

 文部科学省、九州・沖縄の教員養成機能を有する大学の研究者等、九州各県・政令指定都市・中核市の教育委員会関係者、本学関係者およそ60名が一堂に会しました。

 今回の協議会では、櫻井孝俊学長の挨拶の後、教員研修支援のためのアンケート調査結果についての報告を行い、「動画等のコンテンツ開発への期待」、「教員育成指標の取組状況」、「初任者研修の弾力化」、「研修履歴の管理」等に関する参画機関の状況や考え方について、情報の提供及び共有を行いました。

 その後、熊本大学の宮脇真一准教授より、「教職大学院、教育センター、附属小学校が連携した現職教員の研修に資するデジタルコンテンツの開発」、また、福岡県教育センターの伊藤啓二教育経営部長より、「研修の効率化に向けた動画コンテンツの活用」についてそれぞれ実践発表がありました。

 宮脇准教授からは、教職大学院、熊本市教育委員会及び附属学校が連携して動画コンテンツを開発し、教員研修の効果的・効率的な実施に資する取組が報告されました。伊藤部長からは、受講者とともに、研修担当指導主事の働き方改革の趣旨を福岡県教育センターでの研修に活かす観点から、新任主任主事研修会に動画コンテンツを取り入れた取組の報告がなされました。

 次に、今年度のネットワークの取組の柱となる「動画等コンテンツの開発」、「教員の養成・採用・研修の一体的改革推進事業」等について協議を行いました。動画コンテンツについては、教育委員会側から、教員研修の効率化等への期待が述べられる一方、大学側からは、コンテンツによる教員研修を進めていく上での課題等が示されました。これらの意見を踏まえ、動画コンテンツをモデル的に開発していくことが了承されました。

 最後に、文部科学省総合教育政策局教育人材政策課教員養成企画室長の髙田行紀氏による記念講演(演題:「九州教員研修支援ネットワークへの期待」)が行われました。髙田室長からは、全国の大学と教育委員会の連携・協働の事例やSociety5.0時代(超スマート社会)を見据えた取組や、フラッグシップ大学等中央教育審議会の審議状況についての紹介があり、ネットワークへの期待が述べられました。今後ネットワークでは、教育課題を共有し、参画機関の有する様々な専門的リソースを活かしながら、動画等コンテンツの開発等、具体的な取組に努めていきたいと考えています。

開会の挨拶をする櫻井学長

文部科学省髙田教員養成企画室長による記念講演

動画コンテンツの事例発表を行う熊本大学宮脇准教授

動画コンテンツの事例発表を行う福岡県教育センター伊藤部長

意見交換を行う福岡大学髙妻教授

意見交換を行う大分県教育センター岡田指導主事兼課長補佐

九州全域からおよそ60名が参加した協議会

お問い合わせ先

教員研修支援センター

電話:0940-35-1916
Fax :0940-35-1917
E-mail:kyuken@fukuoka-edu.ac.jp

  • 英語習得院の説明ページです
  • 福岡教育大学教職大学院に関する案内ページへリンクします。
  • 教育総合研究所
  • 福岡教育大学いじめ根絶アクションプラン_いじめ防止支援プロジェクトです
  • 小学校現職教員向けの中学校教諭二種免許状(英語)取得に関する免許法認定講習に関するページにリンクします。
  • 教員免許状更新講習
  • 公開講座のご案内
  • 福岡教育大学学長選考会議のバナーです
  • 福岡教育大学twitter公式アカウント
  • 福岡教育大学安否確認システム【ANPIC】
  • ホームページリニューアルに伴い、ページが参照できない場合のアクセス方法について
  • 福教大携帯サイト 携帯から最新情報をチェック http://daigakujc.jp/fukuoka-edu/

Page Up