このページの本文へジャンプする

新着情報

News

ワークショップコレクションin福岡2018に出展しました!

ワークショップコレクションin福岡2018に出展しました!

 平成30年3月31日(土)~4月1日(日)に福岡市科学館で開催された「ワークショップコレクションin福岡2018」(主催:NPO法人CANVAS/株式会社グッデイ)に、本学も参加しました。

 同イベントは、「あそびながら、まなぶ。」をテーマにした産学官様々な団体による子ども向け体験型イベントです(詳細は、「ワークショップコレクションin福岡2018」公式HPを参照ください)。本学は、後援団体の一団体として、「①本学教員3名によるオムニバス出前授業②本学学生による他団体出展企画参加児童への活動支援ボランティア」で参加しました。

【①本学教員によるオムニバス企画!】
 本学からは、「①削って作ろう!『手回し独楽(コマ)』」(技術教育講座 大内 毅 教授、大内研究室の学生)、「②やじろべえで遊ぼう」(理科教育講座 伊藤 克治 教授、伊藤研究室の学生)、「③金属をとかしてメダルをつくろう!」(幼児教育講座 石上 洋明 助教、幼児教育選修の学生)の3つの企画をオムニバス形式で行いました。

コマ作り、意外と力がいります。

やじろべえ!試行錯誤のバランス。

姉弟で 違う模様の メダルだよ

 普段は触る機会のない特殊な機械を用いた体験、身の回りにあるものを使って簡単にできる不思議体験などを通して、「なぜ?どうして?」という疑問や子どもたち自身の手で作り上げたという達成感を感じ取ってもらうことができたのではないでしょうか。

 また、本学学生たちは、本学教員による出展の補助として、主体的に子どもたちと向き合うことができました。子どもたちが「あそんで、まなぶ」ためにはどのような企画をしたら良いのか、どのように接したらよいのか、と試行錯誤しつつ、大学や教育実習等で普段学んでいる知識や経験を生かす機会にもなりました(↓感想ボードも学生のアイデアです!)。

それぞれの思いがつまった感想ボード

「たぶんこの中で一番長く・・・」

↑一生懸命感想を書いてくれました!

【②本学学生による他団体出展企画参加児童への活動支援ボランティア
 そして、本学学生は「手刷り印刷で飾れるエコバッグ作成!シルクスクリーン印刷体験」(OIL MOUNT PRINTERS様)や「輪ゴムで走る!スーパーカーをつくろう!」(グッデイ様)などの他団体様による出展において、ワークショップに参加している子どもたちへの活動支援として、ボランティア活動を行いました。
 受け入れていただいた団体様からは、「何も言わずとも、子どもたちと上手に接することができて、さすがだと思いました」や「とても助かりました!」と大変ありがたいお言葉をいただきました。

「子どもたちの将来の夢のきっかけ作りとなるようなワークショップはとても魅力的です。」(学生談)

「今後教職を目指す上でも必要になることを経験できたと感じています。」(学生談)

★子どもたちの感想+参加した学生たちによる感想(抜粋、PDF)←ご覧いただく場合はこちらをクリックください。

ご参加いただいた皆様、学生ボランティアを受け入れていただいた団体様、ご協力ありがとうございました。

 

本件問い合わせ先

連携推進課(0940-35-1238)

  • 英語習得院の説明ページです
  • 福岡教育大学教職大学院に関する案内ページへリンクします。
  • 教員総覧
  • 福岡教育大学いじめ根絶アクションプラン_いじめ防止支援プロジェクトです
  • 小学校現職教員向けの中学校教諭二種免許状(英語)取得に関する免許法認定講習に関するページにリンクします。
  • 教員免許状更新講習
  • 公開講座のご案内
  • 福岡教育大学学長選考会議のバナーです
  • 福岡教育大学twitter公式アカウント
  • 福岡教育大学安否確認システム【ANPIC】
  • ホームページリニューアルに伴い、ページが参照できない場合のアクセス方法について
  • 福教大携帯サイト 携帯から最新情報をチェック http://daigakujc.jp/fukuoka-edu/

Page Up