このページの本文へジャンプする

新着情報

News

【教育総合研究所】第3回九州地区教員養成・研修研究協議会を開催

 教育総合研究所(所長:清水紀宏副学長)では,平成29年6月に本学が文部科学省から受託した「教員の養成・採用・研修の一体的改革事業~テーマ2研修の一体的改革推進事業~」の中で,九州地区の学校教育関係者,教員養成に関わる大学の研究者による「九州地区教員養成・研修研究協議会」を立ち上げて研究事業を進めています。

 この第3回協議会を12月22日,本学事務局棟1階の第一会議室等において開催し,本学関係者18名,九州地区8県・3政令指定都市の教育行政・教育センター・学校関係者19名,教員養成に携わる福岡県をはじめとした九州各県の教員養成機能をもつ他大学の研究者13名,計50名が一堂に会して協議を行いました。

 今回の協議会では,グループ別協議を実施し議論を深めました。まず全体会において,教育総合研究所の礒部准教授より,九州各地区の中堅教諭等資質向上研修の現状と課題について調査研究報告及び提案が行われました。この報告をもとに,中堅教諭等資質向上研修について次の3つのグループに分かれて協議を行いました。

(1)中堅教諭等資質向上研修における研修講座の構成・時間数(単位化)について
    司会:教育総合研究所副所長 大坪教授

(2)Web 研修を含めた研修コンテンツの開発・提供について
    司会:教育総合研究所長 清水副学長

(3)体系的な研修実施のための教員研修履歴の管理方法等について
    司会:教育総合研究所専任教員 礒部准教授

 各グループで活発な議論がなされ,その後の全体会において,議論された内容について各司会から報告がなされました。

 参加者のアンケートからは,「3部会に分かれての協議は非常に実質的になってよかった。また,それを全体会で共有できたのもよかった。」「九州各地区の現状を知ることができて大変勉強になった。今後も定期的に開催していただけるとありがたい。」「他県の改革のアイデアがヒントとなり,新しい発想が生まれてきたので,非常に有意義であった。」「大学と教育委員会の連携を深める機会であり,継続して開催してほしい。」等の声が聞かれました。

 本年度最後となる第4回協議会の開催を年度末に予定しており,中堅教諭等資質向上研修の具体的な内容や運用等について,教育行政,学校,研究者がそれぞれの立場で九州各地区の「学び続ける教員の育成」に資する教員研修のあり方について議論を深めていくこととなっています。

 教育総合研究所では,本協議会で構築されたネットワークをさらに深化・充実させながら,「オール九州」の体制で,九州各県の教育課題解決に取り組んでいく研究事業を進めていくことを目指しています。

九州全域から50名が参加した研究協議会

開会の挨拶をする櫻井学長 

調査研究報告を行う教育総合研究所の礒部准教授

活発な議論がなされたグループ別協議

閉会の挨拶をする教育総合研究所長の清水副学長

  • 英語習得院の説明ページです
  • 福岡教育大学教職大学院に関する案内ページへリンクします。
  • 教員総覧
  • 教育総合研究所
  • 福岡教育大学いじめ根絶アクションプラン_いじめ防止支援プロジェクトです
  • 小学校現職教員向けの中学校教諭二種免許状(英語)取得に関する免許法認定講習に関するページにリンクします。
  • 教員免許状更新講習
  • 公開講座のご案内
  • 福岡教育大学学長選考会議のバナーです
  • 福岡教育大学twitter公式アカウント
  • 福岡教育大学安否確認システム【ANPIC】
  • ホームページリニューアルに伴い、ページが参照できない場合のアクセス方法について
  • 福教大携帯サイト 携帯から最新情報をチェック http://daigakujc.jp/fukuoka-edu/

Page Up