メニューを飛ばして本文へ移動する

特別支援教育

教授 見上昌睦

氏名 見上 昌睦(けんじょう まさむつ)
所属 特別支援教育ユニット
出身地 山口県
最終学歴 金沢大学大学院教育学研究科修士課程
取得学位 博士(教育学)(東京学芸大学、2012年)
本学着任 1999年

特別支援教育に配慮した教育実践の創造を

専門の研究テーマについて

特別支援教育における言語障害児教育です。その中の話し言葉の流暢性の障害である 「吃音」に関する教育的支援を専門にしています。吃音をはじめ言語障害のある子供の多くは通常の学級に在籍していますが、学級担任による配慮・支援や通級による指導等における専門的な指導のあり方について検討してい ます。

大学教員に進むことになったきっかけについて

私自身に吃音があり、「吃音のことをもっと知りたい」と思ったためです。特別支援学校教諭から私立短期大学の児童福祉学専攻(保育士養成課程)の助手(助教)に転身しました。2016~2019年度の附属幼稚園長職にも生かせた有用な経験や出会い(「はらぺこあおむし」翻訳者の故森久保仙太郎先生とも交流)も多くありました。本学着任後、2003年度後半に米国イリノイ大学に滞任(研修)させていただき、関係する分野の世界的な研究者と交流したり、 教示をいただいたりしたことは大きな財産になっています。

研究成果の教育への還元について

吃音を中心に言語障害のある子供の教育相談については、本学特別支援教育センターで担当し、学生共々学ばせていただいています。研究成果については、大学の授業や言語障害通級指導教室の研究会等で紹介するようにしています。初年次の授業科目「特別支援 教育と介護入門」のテキスト(共著)を2019年7月に刊行しました(2021年9月に第2版刊行)。

こだわりの物・考え・モットーについて

国際音声言語医学会(台湾・台北市)における ePosterセッションの様子
子供の指導・支援に際して、「遊び」の要素を取り入れることを考慮しています。たとえば、カメのぬいぐるみにゆっくりとした話し方を喩えるなど「言葉遊び」の感覚で話し言葉の流暢性を促すように工夫したりしています。

福岡教育大学で学ぶ学生に一言

附属幼稚園では、チームワークの大切さや、 園児と家族、職員が“自己発揮できる”、“居心地のよい”環境づくりなどについても学ばせていただきました。学生の皆さんには、専門性を身に付けながら、子供達が自分らしさを発揮しやすいアットホームな学級を育んでいける教師になってほしいと願っています。また、特別支援教育にも配慮した教育実践を創っていっていただけることを願っています。