このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

教育実践力開発コース

確かな教育実践力と識見を持ち、現実の教育課題解決をめざす意欲的な教員を育てる

対象者

教育実践力開発コース(2年)
 大卒者(卒業見込みの者を含みます。)又は社会人等で、小学校又は中学校の教諭一種免許状を有する者及び平成31年3月までに取得見込みの者。

教育実践力開発コース(3年・小学校教員免許状取得プログラム)
 大卒者(卒業見込みの者を含みます。)又は社会人等で、小学校以外の校種の教諭一種免許状を有する者及び平成31年3月までに取得見込みの者で、小学校教諭一種免許状を取得しようとする者。

(※詳細は、募集要項を確認してください。)

育成する人材像、コースツリー

 学部段階で修得した教員としての基礎的・基本的な資質能力を前提に、教育状況を俯瞰する広い専門的視野をもち、確かな学校教育活動の即戦力となる実践的 指導力を持った教員を養成します。
 即戦力となる実践的指導力の具体としては、授業力(学習指導要領に基づき、教材の解釈や適切な選択、単元の構成、1時間 の授業の計画と遂行、及び省察等ができること)と、学級経営力(児童・生徒の実態把握を踏まえた目標の設定、実態と目標をつなぐ方策の考案と遂行、及び省 察等ができること)、および人間関係形成能力(児童・生徒、同僚、保護者、地域、その他教育に携わる人等と、円滑にして適切なコミュニケーションが図れる こと)です。
 こうした力を蓄積することにより、教育現場の新しい教育実践を構想・開発し、将来のリーダー的役割を担う教員を養成します。

主な授業科目

●共通科目
こちらを参照ください。

●コース別科目

領域 科目名 開講期 単位数 必選別
学級経営・教育環境に関する領域 学級経営のPDCAと学習環境デザイン 2単位
特別活動の理論と実践 2単位
学級経営の実際と分析 2単位 選必
学校マネジメントの理論と実践 2単位 選必
教科等の教材開発及び授業改善に関する領域 授業構築の理論と実践 2単位
教育実践研究の理論と授業分析トライアル 2単位 選必
道徳・総合的な学習の時間の理論と実践 2単位
教育の情報化における課題と実践 2単位 選必
教科における授業実践の研究 2単位 選必
教員としての人間関係形成力に関する領域 未来をつくる教師の力量 2単位
教育連携フィールドワーク 2単位 選必
保護者対応・地域連携の課題と実践 2単位
教師の成長と省察力 2単位 選必

(シラバスはこちらを参照ください。)


●学校における実習
こちらを参照ください。

●課題演習
こちらを参照ください。
 

修了に必要な単位数(全コース)

標準的な時間割例

小学校教員免許状取得プログラム(3年コース)

 平成28年度からの新たな取り組みとして、⼩学校以外の学校種の⼀種免許状を所持している者で、⼩学校教員を志望する者を対象に、教育実践⼒開発コース内に「⼩学校教員免許状取得プログラム」を設置しました。修了年限は3年となります。
 1年次は、本学学部が開設する科⽬を履修し、⼩学校教員免許状取得のために必要な49単位程度を修得します。2・3年次は、教育実践⼒開発コースの他の院⽣(修了年限2年)と共に、教職⼤学院の授業を履修します。

履修イメージ

修了に必要な単位数(小学校教員免許状取得プログラム)

Page Up