このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

教育実践力開発コース

確かな教育実践力と識見を持ち、現実の教育課題解決をめざす意欲的な教員を育てる

教育実践力開発コースの特色

 学部段階で修得した教員としての基礎的・基本的な資質能力を前提に、教育状況を俯瞰する広い専門的視野をもち、確かな学校教育活動の即戦力となる実践的 指導力を持った教員を養成します。
 即戦力となる実践的指導力の具体として、本コースでは「学級経営・教育環境」、「教員としての人間関係形成力」、「教科・領域等の実践的な指導方法・教材開発及び授業改善」の3つの領域で展開していきます。
 本コースは、学部新卒学生・社会人等を対象としており、高度な実践的指導力を強化し、新しい学校づくりのホープとなる即戦力としての教員を養成するために、「初等教科教育高度実践力プログラム」、「中等教科教育高度実践力プログラム」、「教職教育高度実践力プログラム」に加え、小学校教員免許状が取得できる「初等教育高度実践力特別プログラム」の4つのプログラムを開設しています。

各プログラムの概要

初等教科教育高度実践力プログラム

小学校教員として学部卒業段階までに形成した実践力を基盤として、さらに高度な実践を行える資質・能力を養うことを目的としたプログラムです。小学校の教科の中でも、国語、社会、算数、理科、体育、英語(外国語)の科目に重点を置き、学ぶことができます。国語・算数は、「教科等における授業実践と評価の研究Ⅰ」で全員履修しますが、その他の教科別科目は、各自の希望とする科目を選択します。例えば、開発した教材や授業方法を用いて、実習校で実践・分析したり、特定の教科と他教科のクロスカリキュラムを作成したりする研究なども可能です。小学校教員として、教科の実践力を身につけたい、自身の教科指導の核となる教科を持ちたい、教科指導について研究したいという皆さんにおすすめです。

 

○プログラムの特色ある科目
「教科等における授業実践と評価の研究Ⅰ(国語)」(必修)
「教科等における授業実践と評価の研究Ⅰ(算数)」(必修)
「教科等における授業実践と評価の研究Ⅱ(算数・英語・社会・理科・体育から1科目選択)」(選択必修)
「教科等における授業実践と評価の研究Ⅲ(国語・英語・社会・理科・体育から1科目選択)」(選択必修)」 ほか

 

中等教科教育高度実践力プログラム

中学校および高等学校教員として学部卒業段階までに形成した実践力を基盤として、さらに高度な実践を行える資質・能力を養うことを目的としたプログラムです。専門教科の基盤となる諸科学や本質について専門的な理解を深めるとともに、教育内容と指導方法を有機的に結びつけて授業等を効果的に展開できる高度な実践力を身に付けます。国語科、社会科、数学科、理科、保健体育科、英語科の6教科を対象としています。近年、重要視されているカリキュラム・マネジメントの視点から、他教科について理解を深める科目も設置しています。また、授業実践に関わる学習指導案や教材等の作成、実践が何度も実施できるのはもちろんのこと、教科指導には欠かせない評価についても、深く学んでいきます。専門教科の授業実践について研究したい、教科担任として自信をもって教壇に立ちたいという皆さんにおすすめです。

 

○プログラムの特色ある科目
「教育実践の理論と授業づくり」(必修)
「授業実践と評価の研究Ⅰa」(必修)
「授業実践と評価の研究Ⅰb」(選択必修)
「授業実践と評価の研究Ⅱ」(選択必修)
「授業実践と評価の研究Ⅲ」(選択必修)
「授業実践と評価の研究Ⅳ」(選択必修) ほか

教職教育高度実践力プログラム

小学校、中学校、高等学校の教員として、学部卒業段階までに形成した実践力を基盤として、さらに高度な実践を行える資質・能力を養うことを目的としたプログラムです。特に、初等、中等教育を通した子供の発達を理解することを主眼とし、その子供理解を基盤として、各教科の指導、学級経営、特別活動、道徳科、総合的な学習の時間、生徒指導等の教職全般にわたる総合的な実践力を身に付けます。教科指導に関わる研究だけでなく、特別活動や道徳科、総合的な学習の時間など学校で行われる様々な教育活動、キャリア教育や特別支援教育など教育活動全体とかかわりの深い内容についても研究の対象とすることができます。学級担任として学級経営や生徒指導の力量を伸ばしていきたい、教科指導に限らず、教職全般にわたって総合的に学修したいという皆さんにおすすめです。

 

○プログラムの特色ある科目
「特別活動・総合的な学修の時間の理論と実践」(必修)
「道徳教育の実践と課題」(必修)
「教師の成長とセルフスタディ」(選択必修)
「教育連携フィールドワーク」(選択必修)
「家庭・地域・学校の連携・協働の構築」(選択必修)
「教育の情報化における授業実践の研究」(選択必修)
「教科教育における授業実践の研究」(選択必修) ほか

初等教科高度実践力特別プログラム

平成28年度から教育実践力開発コース内小学校教員免許状取得プログラムとして開設し、全修了生が県内外の小学校教諭として活躍しています(全修了生が在学中に教員採用試験合格)。履修期間3年間のプログラムです。小学校以外の校種の一種免許状を有する者(取得見込者を含む)が、小学校教諭免許状を取得することを目的としたカリキュラムとなっています。
1年次は学部での学修、2~3年次は教育実践力開発コースの初等教科教育高度実践力プログラム、または教職教育高度実践力プログラムのいずれかの科目を履修します。

教育実践力開発コースの強み

○名簿登載期間の2年延長
 教職大学院の教育実績が評価され、採用候補者名簿登載期間の2年延長措置をとる教育委員会が増えています(例:福岡県・福岡市・北九州市)。この場合、学部4年次に教員採用試験に合格した方が、教職大学院で2年間就学した後、教壇に立つことが可能となります。平成31年度・令和2年度・令和3年度の入学者のうち各5名が、本制度を利用しています。

○教員採用試験の特別選考
 福岡県、福岡市については教職大学院1年次から、北九州市は修了予定者に対し、教員採用試験において、特別選考(一時試験 筆記免除等)を実施しています(令和元年度実施分)。

○初任者研修の一部免除
 
採用後、初任者教員に実施される研修について、教職大学院修了者については、一部免除される教育委員会があります(例:福岡県・北九州市)。例えば、北九州市では、校内研修および校外研修の一部が免除されます。

○充実した学び(理論と実践の往還)
 教職大学院での学びは、実践的なシミュレーション、多種多様な実習、特別支援教育など、充実したものとなっています。理論を学び、多様な実践を経験することで、教員となる心構えができ、教壇に立つ際の自信につながります。

○修了後にもいきるネットワーク
 教職大学院には、学校長や教育委員会経験者である実務家教員、教育研究の専門家である研究者教員が多数在籍しています。教員や現職教員院生との学び合いを通じて、修了後の教員生活へとつながる心強いネットワークを作ることができます。

ゼミ風景

ゼミ風景

学校における実習

附属学校での実習の様子

附属学校での実習の様子(協議会)

履修イメージ

修了に必要な単位数(初等教育高度実践力特別プログラムを除く)

時間割例(初等教科教育高度実践力プログラム1年次)

初等教育高度実践力特別プログラムの履修イメージ

1年次は、本学学部が開設する科⽬を履修し、⼩学校教員免許状取得のために必要な49単位程度を修得します。2~3年次は教育実践力開発コースの初等教科教育高度実践力プログラム、または教職教育高度実践力プログラムのいずれかの科目を履修します。修了年限は3年となります。

履修モデル

修了に必要な単位数

時間割例(1年次)

院生室の様子

授業科目

シラバスはこちらを参照ください。

教職大学院担当教員

教職大学院担当教員はこちらをご参照ください。

授業風景

課題演習

教員採用試験の取り組み

 教育実践力開発コースでは、教員採用試験の合格も重要な課題です。現在は、本学キャリア支援センターで行われている研修と同時進行で、教職大学院の教員による充実した採用試験対策ゼミが行われています。そのため、高い正規採用率となっています。

令和2年度までの修了者の各都道府県教員採用選考試験の合格状況は、以下のとおりとなっています。(※採用試験合格地の内、採用希望地実数のみ。その他、重複合格者有り。)

★教育実践力開発コース 2年生(令和3年3月修了生)
15名中、12名合格 (うち5名は平成30年度、9名は令和元年度に教員採用選考試験に合格し、名簿登載期間延長措置を適用されている)
★教育実践力開発コース小学校教員免許状取得プログラム(3年プログラム) 3年生(令和3年3月修了生)
5名中、5名合格 (うち4名は令和元年度に教員採用選考試験に合格し、名簿登載期間延長措置を適用されている)

模擬授業の様子

対象者

大学卒業者(卒業見込みの者を含みます。)または社会人で、以下の教員免許状を取得(取得見込みを含みます。)している者

○初等教科教育高度実践力プログラム:小学校教諭一種免許状

○中等教科教育高度実践力プログラム:中学校教諭一種免許状(国語、社会、数学、理科、保健体育、英語)のいずれか又は高等学校教諭一種免許状(国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、英語)のいずれか

○教職教育高度実践力プログラム:小学校、中学校または高等学校のいずれかの教諭一種免許状

○初等教育高度実践力特別プログラム:小学校以外の学校種教諭一種免許状
 

※詳細は、募集要項をご確認ください。

教育実践力開発コース入学者の出身大学(50音順)

教育実践力開発コースパンフレット

お問い合わせ先

教職大学院事務室
電話 : 0940-72-6012・0940-35-1411
Fax  : 0940-35-1746
E-mail : grdsptch@fukuoka-edu.ac.jp

Page Up