このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

教育実践力開発コース

確かな教育実践力と識見を持ち、現実の教育課題解決をめざす意欲的な教員を育てる

育成する人材像

 学部段階で修得した教員としての基礎的・基本的な資質能力を前提に、教育状況を俯瞰する広い専門的視野をもち、確かな学校教育活動の即戦力となる実践的 指導力を持った教員を養成します。
 即戦力となる実践的指導力の具体としては、授業力(学習指導要領に基づき、教材の解釈や適切な選択、単元の構成、1時間 の授業の計画と遂行、及び省察等ができること)と、学級経営力(児童・生徒の実態把握を踏まえた目標の設定、実態と目標をつなぐ方策の考案と遂行、及び省 察等ができること)、および人間関係形成能力(児童・生徒、同僚、保護者、地域、その他教育に携わる人等と、円滑にして適切なコミュニケーションが図れる こと)です。
 こうした力を蓄積することにより、教育現場の新しい教育実践を構想・開発し、将来のリーダー的役割を担う教員を養成します。

教育課程編成方針

教職実践専攻では、その教育目的を達成するために、以下のような教育課程編成の方針を設定しています。

1.「実践の事実」から学ぶことを重視
 附属学校・連携協力校での実践体験、先進的な研究校・研究会への参加、そしてビデオや実践記録を通して、数多くの「優れた授業」「素晴らしい教育 実践」「魅力ある教師」等と出会い、それらの実践の事実からの学びを大切にします。

2.出会い、体験した事実を科学的に分析・考察し、新しい実践の「知」や「技」を開発する講義・演習
 「実践の事実」に出会い、体験した事実を客観化し、科学的に分析・考察し、新しい実践の「知」や「技」を開発する講義・演習を行います。この実践の事 実を対象とした高度な理論的・研究的な考察を通して、新しい教育実践を切り開く力を養成します。

3.全学的な指導体制
 教職実践専攻(教職大学院)の専任教員だけでなく、全学的な指導体制のもとに行います。また、附属学校・園や協力校の教員との交流、3コースの院 生による協働の学びも大切にし、教員としての豊かな資質能力の養成をめざします。

4.さまざまな「ひと・もの・こと(教育資源)」との出会い
 学校教育を支える地域の様々な教育機関や子育てに関わるさまざまな「ひと・もの・こと(教育資源)」との豊かな出会いの機会を持つことで、教育実践 についての広い視野とネットワークづくりの力や柔軟な対応力を養成します。

5.まとめプレゼンテーション
 2年間の学びの成果や課題を整理し、「まとめプレゼンテーション」において発表と討論を行います。

 以上の方針に基づいて、「共通科目」、「コース別科目」、「まとめプレゼンテーション」、「実習科目」が編成されています。

コースツリー

主な授業科目

主な授業科目の一覧(平成29年度)
領域 科目名 開講期 単位数 必選別
学級経営・教育環境に関する領域

学級経営のPDCAと学習環境デザイン

2単位
特別活動の理論と実践 2単位
学級経営の実際と分析 2単位 選必
学校マネジメントの理論と実践 2単位 選必
教科等の教材開発及び授業改善に関する領域 授業構築の理論と実践 2単位
教育実践研究の理論と授業分析トライアル 2単位 選必
道徳・総合的な学習の時間の理論と実践 2単位
教育の情報化における課題と実践 2単位 選必
教科における授業実践の研究 2単位 選必
教員としての人間関係形成力に関する領域 未来をつくる教師の力量 2単位
教育連携フィールドワーク 2単位 選必
保護者対応・地域連携の課題と実践 2単位
教師の成長と省察力 2単位

選必

(シラバスはこちらを参照ください。)

小学校教員免許状取得プログラム(3年コース)

 平成28年度からの新たな取り組みとして、小学校以外の学校種の一種免許状を所持している者で、小学校教員を志望する者を対象に、教育実践力開発コース内に「小学校教員免許状取得プログラム」を設置しました。修了年限は3年となります。
 1年次は、本学学部が開設する科目を履修し、小学校教員免許状取得のために必要な49単位程度を修得します。2・3年次は、教育実践力開発コースの他の院生(修了年限2年)と共に、教職大学院の授業を履修します。

Page Up