このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

教員研修支援センター

設置・目的

 「教員研修支援センター」は、教育委員会や教員養成に携わる大学等と連携を図り、現職教員の研修の効果的・効率的な実施に関する支援を行うことを目的として、平成31年3月に設置しました。

 本センターでは、主に調査研究機能、研修プログラム開発機能、大学教員の研修講師データバンク機能を有し、教員研修についての調査研究、研修プログラムの開発、教員研修の講師に係る情報の収集等に関する業務を行い、「九州教員研修支援ネットワーク」の事務局の役割を担っていきます。

組織

九州教員研修支援ネットワーク

 九州教員研修支援ネットワーク(以下、「ネットワーク」という)は、九州地区全体で教員研修に関する情報の提供・共有を図り、教員研修の機能の強化・充実に向けて研修プログラムの共同開発や大学教員の研修講師データバンクの整備、教員育成指標の活用方法の検討等を行い、教員研修の質の向上に恒常的に取り組む体制を整備するものです。

 ネットワークは、本学教育総合研究所が文部科学省より委託された調査研究事業の取組として設立した「九州地区教員養成・研修研究協議会」等の実績や関係者の要望を踏まえ、平成31年3月に発足し、九州・沖縄の19の国公私立大学と各県、政令市等12の教育委員会が参画しています。県域を越えて教員研修を効果的・効率的に実施することにより、地域の教育課題の解決とともに九州全体の教育力の向上に資するよう取り組むこととしています。

 ネットワークの初会合となる3月20日の協議会では、本学の櫻井孝俊学長から「各大学の得意専門とする教育資源や各県等の優れた取組を地域を越えて紹介・提供することで、九州全体の教育力の向上を目指したい」と挨拶がありました。また、参画機関を代表して福岡県教育委員会の城戸秀明教育長から「ネットワークでの協議を通じて、教員の学び続ける環境づくりにつながることを祈念する」とのお言葉をいただきました。

 その後の協議では、教員大量採用の時代における効果的・効率的な研修プログラムの開発や教員研修の高度化に向けた大学の様々な教育資源の活用の大切さ等について意見が出されました。また、独立行政法人教職員支援機構次世代教育推進センター長の大杉昭英氏が「育成指標の特長と活用上の課題」と題して記念講演を行いました。

 今後、ネットワークでは、参画機関のニーズを踏まえながら研修プログラムの共同開発等を行うこととしています。

九州教員研修支援ネットワークの組織図

九州地区の大学や教育委員会が参加した九州教員研修支援ネットワーク第1回協議会

お問い合わせ先

教員研修支援センター

電話 : 0940-35-1916
Fax  : 0940-35-1917
E-mail : kyuken@fukuoka-edu.ac.jp

Page Up