このページの本文へジャンプする

大学案内

About

平成30年度入学式 式辞 (平成30年4月4日)

 みなさん、ご入学おめでとうございます。
 福岡教育大学の教職員を代表して、新入生のみなさんのご入学を心より歓迎いたします。
 ご家族の皆様には、めでたく今日の日を迎えられましたことに、お慶びを申し上げます。そして、本日ご臨席を賜りました来賓の皆様にも、厚く御礼を申し上げます。

 本日ご入学のみなさんは、本学教育学部と大学院教育学研究科の新入生に加えて、特別支援教育特別専攻科のみなさんと外国からお見えの教員研修留学生の方々です。
 本学で過ごされる年月は、1年間から4年間までそれぞれに異なります。みなさんの目標に向かって、本日から学びを進めていただきたいと思います。

 その学びを始めるにあたって、まず、本学について紹介いたします。
 本学の起源は、今から145年前である、明治6年に開設されました、小学校の教員を養成する「学科取調所」にあります。この学科取調所は、後に「福岡師範学校」と改組されました。
 その後、教員の養成は、大学で行うという主旨のもと、昭和24年5月31日に、公布されました国立学校設置法に基づき、福岡県内に設置されていましたいくつかの師範学校を包括して、新制大学「福岡学芸大学」として発足いたしました。これにより、本学の開学記念日は6月1日です。
 昭和41年に、大学の名前を「福岡教育大学」と改め、同年11月には、各地に分散していたキャンパスを、この宗像、赤間の地に統合移転を完了しました。平成16年からは、国立大学の法人化により、「国立大学法人福岡教育大学」となりました。この間、昭和58年に、大学院教育学研究科を、平成21年には、大学院に教職実践専攻を設置しました。来年は大学創立70周年を迎えることになります。この長い年月に築かれた、教育に関するネットワークにみなさんも加わることになります。

 本学は、義務教育に関する、九州の教員養成拠点大学として、豊かな知を創造し、力のある教員を育てることを基本的な理念としています。実践的指導力の育成・強化を図るためにカリキュラム改革を行い、正課外の活動として、全ての学生が参加できるように、ボランティア活動の支援を行います。また、学校現場で実践可能な英語コミュニケーション能力の習得や、留学に必要な英語力向上を目指す「英語習得院」を設置しました。
 これらにより、みなさんの卒業時には、教員就職率90%を実現するように、教職員、総力を挙げて取り組んでいます。新入生のみなさんは、必ずこの正課外の活動に、意欲をもって参加してください。

 次に、みなさんへのわたくしからのメッセージです。
 みなさんのなかには、既に教職に就いておられる方もいらっしゃいますが、みなさんの多くは、卒業後に教師になるために入学されたことと思います。そのようなみなさんが目指す、これからの教師は、「自ら学び続けること」が何より大切であり、求められています。学び続ける教師だけが、子供たちを導くことができるのです。
 ところで、興味関心がもてるならば、だれであれ、学び続ける努力はできると思っていらっしゃる方もいることでしょう。しかしながら、努力ができるということは、一つの才能なのです。厄介なことに、努力を続けてみなければ、この才能があるのかどうかがわかりません。加えて、努力を続けることによってのみ、この才能を伸ばすことができるのです。
 学び続けるためには、わかったふりをしないことがまず大切です。わからないことから逃げ出さずに、わからないことを認めることからスタートしてください。
 次に学び方も変えなければなりません。これからは、仲間と学ぶことが大切です。同級生と、先輩達や後輩達と、もちろん先生方とネットワークを広げて協力して学びを深めていくのです。孤軍奮闘ではなく、スクラムを組んで学ぶのです。

 さて、大学では学ぶだけではなく、教える立場にもなります。既に十分に理解していると思われることでも、改めて考えなおしてみることにより、新しい知識の展望が開けます。
 私の専門である、数学から一つ例を挙げてみましょう。
 小学校四年生の算数で、分度器を使って角の大きさを測る学習があります。分度器を手にすると、いろいろな角を図ることに自然と興味をもつでしょう。
 大きな三角形と小さな三角形、同じ形ならば、角の大きさは変わりません。これは、角の大きさがもつ意外性の一つです。さらに、「どんな三角形でも、三つの内角の和は、いつでも180度になる。」という事実は驚きの数理です。
 なぜなら、三角形の三つの角の大きさを測ってみようとは思っても、測った三つの角を足してみようとまでは考えないでしょう。なぜ足してみようとするのか。そこに、この数理を学ぶ面白さが生まれます。

 繰り返します。学ぶにあたり、わかったふりをすると、自らを騙してしまい、そこで成長が止まります。また、後で勉強しようと思ってしまうと、問題を先送りする癖がついてしまいます。ですから、わからなくても不安に思わず、自分がわからないことに向き合い、仲間とともに立ち向かっていく勇気をもつことが大切です。
 このようなことを心に留め置き、これから始まります本学での、みなさんの大学生活が、輝かしいものになることを祈念いたしまして、わたくしの式辞といたします。

                                     平成30年4月4日
                                         福岡教育大学長 
                                              櫻 井 孝 俊

Page Up