メニューを飛ばして本文へ移動する

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

教育学部

福岡教育大学は、学位授与の方針を踏まえて、学生が体系的かつ主体的に学修できるように、以下のとおり教育課程を編成・実施する。

1.教育課程の編成方針

本学の教育課程は、卒業認定・学位授与の方針に示した学士力(「幅広い視野と豊かな教養」「高い専門性」「確かな実践力」「責任を担う社会性」「将来にわたる自己実現力」)を修得させるために、必要な授業科目を体系的に開設するものとする。
教育課程の編成にあたっては、各課程において、養成しようとする教員としての各教科等での指導、学級経営、生徒指導を行うために必要な基礎的・基盤的な資質・能力を全般的に確実に身に付けさせるため、「基礎学力修得科目」「教育者素養育成科目」「教育実践力育成科目」「教育フィールド実践科目」「学士総合力科目」を配置する。

基礎学力修得科目 4年間をとおして、社会人、教員としての知性と人間性を高め、学びの姿勢と方法を確立する科目
教育者素養育成科目 教育者としての素養、教員として全般的な教育活動を実践する力を身に付ける科目
教育実践力育成科目 将来教員として担当する教科等を確実に指導できる力を身に付ける科目
教育フィールド実践科目 4年間をとおして、実際の学校現場で学校教育、教員について理解し、教員として実践する力を身に付ける科目
学士総合力科目 卒業段階で教員としての総合的な力の育成を確実なものとする科目


2.教育課程の編成方法

各課程の教育課程は、必修科目、選択必修科目、選択科目および自由選択科目に分類し、これらを体系的に各学年に配当して編成するものとする。

3.教育方法

本カリキュラム・ポリシーに基づき、各科目の授業を具体的に展開するものとし、次に掲げる取組を実施する。
・各科目において学生の主体的・対話的で深い学びを促すために、教育方法の改善に関するFD活動を実施する。
・基礎的理論・方法を修得する科目と実践的な内容を修得する科目を相互補完的に履修することで理論と実践を往還させる。

4.教育評価

成績評価は、「成績評価ガイドライン」による全学統一の成績評価基準に基づき、シラバスシステムに記載した成績評価の方法により総合判定し、「秀・優・良・可・不可」の5段階のグレードで表す。ただし5段階での評価が難しい授業科目については、「合格・不合格」であらわす。ディプロマ・ポリシーにしたがい、学生には「良」以上の取得を目指させる。
また、成績評価のための産物を提出しなかった場合には「未受験」、法令により規定されている必要な学修時間を確保しなかった場合には、「無資格」とする。
成績評価にあたっては、学修成果に係る評価指標として、各科目において「ルーブリック」を作成し、学生が学修する内容と学生が到達するレベルをマトリックス形式で明示することとし、学生の主体的な学びを支援する。

グレード 評語及び成績評価の基準 GP 評価点数
授業で身につけるべき資質能力を大きく越えて、優秀である。 4 90 –100点
授業で身につけるべき資質能力を越えて、優秀である。 3 80 – 89点
授業で身につけるべき資質能力を身につけている。 2 70 – 79点
授業で身につけるべき資質能力を最低限身につけている。 1 60 – 69点
不可 授業で身につけるべき資質能力が身についていない。 0 0 – 59点

成績評価は、筆記試験、レポート、発表、討論、実技試験等やそれらを複合した方法により行うこととする。この取組によりディプロマ・ポリシーに準じた科目ごとの教育目標を達成したかの的確な評価が実現され、その累積により最終的に学士力の修得が保証される。

5.教育課程編成における具体的方針

初等教育教員養成課程では小学校・幼稚園教員、中等教育教員養成課程では中学校・高等学校教員、特別支援教育教員養成課程では特別支援学校教員としての基礎的・基盤的な資質・能力を確実に養成するべく、教育課程を編成し、これに従って教育を行う。
なお、教育課程外での学生の自発的、かつ有意義な体験活動等の機会を充実させ、それらと正規の授業科目との関連性を図ることに留意し、大学での教育活動全体によってディプロマ・ポリシーの実現を図る。

知性と人間性を高める教養教育を4年間にわたって行う。

国際的な視野、我が国の伝統文化、社会や自然に関する幅広い知識と深い洞察力を養い、豊かな人間性を涵養する教育課程を編成・実施し、情報化やグローバル社会の進展に伴う諸問題への理解に資する、情報活用力、論理的思考力・判断力、コミュニケーション力を培う教養教育を実施する。大学における学修への円滑な移行を促す初年次教育を基礎として、4年間にわたって、人文科学、社会科学、自然科学や学際的・総合的な領域からなる教育課程を編成・実施する。

教員に必要な専門教育科目を体系的に編成する。

各学校の教員として必要な教科等の基礎、教科内容と教科横断的内容、幼児・児童・生徒の指導と評価に関する深い専門的な知識・技能の習得や理解力を育てるため、階層的で体系的な教育課程を編成・実施する。

主体的な学びを引き出す教育方法により実践力を身に付けさせる。

学校教育の場において、専門的な知識及び技能を活用して幼児・児童・生徒の多様性に応える教育活動を創造的・計画的に、かつ的確に行う資質・能力を育てる。そのために、双方向的な授業、課題解決・探求型の授業、ICTを活用した授業等、学生の主体的な学びを最大限に引き出す教育方法により、次代の教員に求められる確かな実践力を育む教育課程を編成・実施する。また、教職への意欲を育み、実践的指導力を身に付けることができるように系統的な教育実習を編成・実施する。

社会性を高める職業観の育成と体験の機会を提供する。

教員としての役割や使命感について認識し、他者と協働して課題の解決に向かう態度を磨くことができるように、学校現場や地域社会での体験の機会を提供する。

課題の省察と克服を促す機会を幅広く確保する。

教員になることに向けて、また、教員となった後も継続して学び続けて資質・能力を向上させていくことに向けて、自らの課題の省察とその克服に向けた取組を行えるように、きめ細かな履修指導と振り返りの機会を設ける。

大学院教育学研究科

福岡教育大学は、学位授与の方針を実行・達成するために、各専攻で以下の方針で教育課程を編成・実施する。

教育科学専攻

○教科等の専門的な知識・技能と効果的な指導法に関する研究を行うための理論的・専門的な知識・技能を身に付けられるよう教育課程を編成・実施する。
○学校教育に関わる者として共通的に備えておくべき、教育実践の基盤として必要な教職理論を理解し、教育実践を構想・展開するための知識・技能、指導法を身に付けられるよう教育課程を編成・実施する。
○学校現場をフィールドとして、実際の授業や他の教育活動を直接、観察し、また、実際に指導する経験により、そこから教育課程、授業等の組み立て方を省察し、説明・論述する力を身に付けられるよう教育課程を編成・実施する。
○国際的な視野の拡大、他国の教育事情の理解・比較の機会の確保に留意して教育課程を編成・実施する。
○学校教育での課題解決等に向けての研究テーマの設定、先行研究の調査、研究計画の立案をはじめとした研究を遂行し、研究成果を論文としてとりまとめて発表する力を身に付けられるよう教育課程を編成・実施する。

教職実践専攻

○それぞれのプログラムにおいて、若年教員層のリーダー、教科指導のリーダー、学校適応支援のリーダー、特別支援教育推進のリーダー、または、学校運営のリーダーとなる人材の育成を目指し、専門的な知識・技能や学校現場の課題に対応できる実践的指導力を向上させ、教員としての強靱な精神を涵養する教育課程を編成・実施する。
○学部卒等院生(教職系・教科系)、現職教員院生(教職系・教科系)の計4つのタイプの院生を、今日的な教育課題に向かい課題解決力を磨く学修者ととらえ、異なるキャリアや体験を活かし主体的・協働的に教科実践力・教職実践力を高めて行くことができるように教育課程を編成・実施する。
○教職の専門性を幅広く確実に習得するため、研究者教員と実務家教員の協働体制のもと、事例研究の方法やワークショップの指導方法を重点的に身につけるとともに、講義・演習、実習、課題演習といった科目間の関連性が確保された階層的で体系的な教育課程を編成・実施する。
○高度専門職業人としての教員に求められる資質・能力を育成するために、講義・演習、実習、課題演習科目等を通じて、優れた教育実践を分析・検討して理論化したり、理論的な背景に基づいた構想を実践レベルに具体化したりするなど『理論と実践の往還』を重視した教育課程を編成・実施する。
○全開講科目において、本学の理念・目的に沿い、高度専門職業人としての教員を養成するための一般・到達目標並びに成績評価の判断基準・方法を定め、教員間で共有し、適正な評価を行う。
○課題演習では、教育実践における諸課題の解決を目指し、各自が設定したテーマについて主体的かつ継続的に学修した成果を総括的に評価する。

お問い合わせ先

教育学部について

教育支援課 教務企画グループ(学生センター①番窓口)

TEL:0940-35-1483
E-mail:kyouscho★fukuoka-edu.ac.jp
※★は@に置き換えてください。

大学院について

教育支援課 学部・大学院担当

TEL:0940-35-1411
E-mail:kyisocho★fukuoka-edu.ac.jp
※★は@に置き換えてください。