ムラサキツユクサ(ツユクサ科)
ムラサキツユクサ
ムラサキツユクサたくさんの茎が密生していることが多い。それぞれの茎には細長い葉が数枚つき、先端と葉腋に花序がつく。

ムラサキツユクサつぼみのときの花序。先端の花が最初に咲き、順に基部の方に咲き進む。

ムラサキツユクサ
咲くときに花柄が上へ伸び、咲き終わるとだらりと垂れ下がる。

ムラサキツユクサ萼片

ムラサキツユクサコマルハナバチが花に顔を埋めている。明け方に咲き、お昼過ぎにはしぼむ。訪花昆虫が多いのは早朝。

ムラサキツユクサヒラタアブの1種

ムラサキツユクサ
花の簡易紫外線写真

ムラサキツユクサ
花の中心部。雄しべの花糸には細長い毛が密生している。

ムラサキツユクサ
花の内部。

ムラサキツユクサつぼみから取り出した雄しべ。

ムラサキツユクサ雄しべの毛。先の方は丸い細胞、基部の方は円筒形の細胞が連なっている。

ムラサキツユクサ
2数性の花

ムラサキツユクサムラサキツユクサムラサキツユクサムラサキツユクサ
花粉形成のようす。

ムラサキツユクサ
左から葉の上面(向軸面)・下面(背軸面)・葉鞘

ムラサキツユクサ
葉の裏の表皮の気孔

ノハカタカラクサ(トキワツユクサ)
ノハカタカラクサノハカタカラクサノハカタカラクサ
ムラサキゴテン
ムラサキゴテン
ムラサキツユクサと同属で、乾燥に強い園芸植物。

ムラサキゴテン
花序や花は、色合いと大きさを除けばムラサキツユクサとよく似ている。

Tradescantia sillamontana
Tradescantia sillamontanaTradescantia sillamontana
花糸の毛がない。

ブライダルベール(Gibasis属)
ブライダルベールブライダルベール
雄しべの毛は付け根と葯の少し下の2ヶ所につく


テキスト目次に戻る
ホームに戻る