このページの本文へジャンプする

新着情報

News

【教育総合研究所】第2回九州地区学力向上研究推進協議会を開催

 教育総合研究所(所長:清水紀宏副学長)の研究プロジェクトの一つに,文部科学省から受託した「学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究」があります。この研究プロジェクトは,全国学力・学習状況調査の結果を活用した,九州各県・地域の学力課題の詳細な分析に基づく教育施策の評価と検証改善サイクルの充実に関して調査研究を進めるもので,教育総合研究所の礒部准教授を中心としたチームにより,全国学力・学習状況調査における九州地区のデータを分析しています。

 本研究事業の一環として九州地区8県の各国立大学教育学部附属学校の教員を対象とした「九州地区学力向上研究推進協議会」を平成29年12月17日(日)に,本学附属学校部と協働で開催しました。本研究協議会は平成29年3月19日に第1回を開催し,今回が第2回となります。本研究協議会の趣旨は,今後の九州地域を支える子供の育成に向け,九州各県の喫緊の課題である学力向上のあり方について,地域における指導的・モデル的な学校としての附属学校に求められる取組について協議し,今後の学力向上施策及び授業実践の構想に貢献することです。

 今回の研究協議会では,文部科学省初等中等教育局参事官(学校運営支援担当)付専門官の鏡味佳奈氏をお招きし,福岡教育大学の関係者に加えて,九州各地の国立大学附属小中学校の副校長,教頭,教務主任及び研究主任等,46名が参加しました。

 まず文部科学省の鏡味専門官より,「全国学力・学習状況調査から明らかになった課題の解決を目指す附属学校の役割の強化・充実 -各地域における教育力の向上を目指して-」と題してご講話いただきました。その後,教育総合研究所の礒部准教授より,九州地区における学力の実態と課題についての分析結果が報告されました。この報告を受け,九州各県の子どもたちの学力課題に対応した各地域の附属学校の役割の強化について協議を行いました。協議では,各附属学校における各地域での学力向上の取組みや,教員研修の実施,授業改善についての情報発信の方法等が話題となり,今後の附属学校の取組みについて考える機会となりました。

 教育総合研究所では,附属学校部と協働し,今後も各国立大学附属学校の協力を得ながら,学力向上に向けた実践研究・教員研修等のあり方について調査研究を進め,九州各県のモデル校としての附属学校の取組みの強化・充実に貢献していきたいと考えています。

開会挨拶を行う清水所長

文部科学省の鏡味専門官による講話

礒部准教授による調査研究報告

報告を受けてのグループ協議

参加者による発表(情報提供)

閉会の挨拶を行う大坪副所長

  • 英語習得院の説明ページです
  • 福岡教育大学教職大学院に関する案内ページへリンクします。
  • 教員総覧
  • 福岡教育大学いじめ根絶アクションプラン_いじめ防止支援プロジェクトです
  • 小学校現職教員向けの中学校教諭二種免許状(英語)取得に関する免許法認定講習に関するページにリンクします。
  • 教員免許状更新講習
  • 公開講座のご案内
  • 福岡教育大学学長選考会議のバナーです
  • 福岡教育大学twitter公式アカウント
  • 福岡教育大学安否確認システム【ANPIC】
  • ホームページリニューアルに伴い、ページが参照できない場合のアクセス方法について
  • 福教大携帯サイト 携帯から最新情報をチェック http://daigakujc.jp/fukuoka-edu/

Page Up