このページの本文へジャンプする

新着情報

News

【教育総合研究所】第2回九州地区教員養成・研修研究協議会を開催

 教育総合研究所(所長:清水紀宏副学長)では,平成29年6月に本学が文部科学省から受託した「教員の養成・採用・研修の一体的改革事業~テーマ2 研修の一体的改革推進事業~」に対応して,「九州地区教員養成・研修研究協議会」を立ち上げています。この協議会は,当該テーマにおける調査研究を推進するとともに,九州地区の学校教育関係者,教員養成に関わる大学の研究者の交流促進,情報提供,情報発信を行っています。

 この第2回協議会を10月31日,本学事務局棟1階の特別会議室において開催し,本学関係者はもとより,九州地区8県・3政令指定都市の教育行政・教育センターの関係者,福岡県内の小・中・高等学校校長会代表,教員養成に携わる福岡県内の8大学の研究者に加え,今回から九州各県の国立7大学の教員養成学部の研究者も加わり,46名が一堂に会して協議を行いました。

 今回の協議会には,本学が昨年度末に連携協定を結んだ独立行政法人教職員支援機構から髙口努理事も出席され,全国的な教員育成指標及び教員研修計画の策定状況についてご説明いただきました。「教員育成指標」とは,高度専門職業人として教職キャリア全体を俯瞰しつつ,教員がキャリアステージに応じて身に付けるべき資質や能力を明確化するため整備されるもので,本年度,教員の任命権者である教育委員会が関係大学と協働して策定することとなっています。髙口理事の講話を通じて,指標の策定と指標に基づく教員研修のあり方についての課題や方向性を共有することができました。

 その後,教員育成指標及び指標に基づく教員研修計画の策定状況について,各県・市からご報告いただき情報交換を行いました。これらの情報をもとに,教育総合研究所の礒部准教授により,九州各地区における中堅教諭等資質向上研修の開発について提案がなされ,協議を行いました。協議では,指標に示すべき内容と,指標に基づく研修計画における対象,期間,内容等に関して活発な論議がなされ,大変有意義な会となりました。本年度はさらに2回の協議会の開催を予定しており,中堅教諭等資質向上研修の具体的な内容や運用等について,教育行政,学校,研究者がそれぞれの立場で意見交換を行い,議論を深めていくこととなっています。

 教育総合研究所では,本協議会で構築されたネットワークをさらに充実させながら,「オール九州」の体制で,九州各県の教育課題解決に取り組んでいく研究を進めていくことを目指しています。

九州全域から46名が参加した研究協議会

開会の挨拶をする櫻井学長

独立行政法人 教職員支援機構,髙口務理事による説明

協議会の議長を務める教育総合研究所長の清水副学長(向かって左は大坪副所長)

提案を行う教育総合研究所の礒部准教授(中央)

活発な議論がなされた研究協議会

教育総合研究所 客員教授3名も参加

  • 英語習得院の説明ページです
  • 福岡教育大学教職大学院に関する案内ページへリンクします。
  • 教員総覧
  • 福岡教育大学いじめ根絶アクションプラン_いじめ防止支援プロジェクトです
  • 小学校現職教員向けの中学校教諭二種免許状(英語)取得に関する免許法認定講習に関するページにリンクします。
  • 教員免許状更新講習
  • 公開講座のご案内
  • 福岡教育大学学長選考会議のバナーです
  • 福岡教育大学twitter公式アカウント
  • 福岡教育大学安否確認システム【ANPIC】
  • ホームページリニューアルに伴い、ページが参照できない場合のアクセス方法について
  • 福教大携帯サイト 携帯から最新情報をチェック http://daigakujc.jp/fukuoka-edu/

Page Up