このページの本文へジャンプする

新着情報

News

第16回特別支援教育公開セミナー「ドイツの特別支援教育における現状と課題」を開催しました

 福岡教育大学教育総合研究所附属特別支援教育センターでは、平成29年5月16日(火)、 ドイツの カール・フォン・オジエツキー大学オルデンブルク(以下、オルデンブルク大学)より、ギゼラ C. シュルツェ教授、ハインリッヒ・リッキング教授をお迎えし、「ドイツの特別支援教育における現状と課題」と題して、第16回特別支援教育公開セミナーを開催し、本学の学生・教職員、地域の関係者など約120名が参加しました。

 リッキング教授からは、主として、ドイツにおけるインクルーシブ教育の進展について、この15年の間に、特別な支援を必要とする児童生徒の通常学校で教育を受ける割合が、2.5倍以上に増加している現状について説明がありました。

 続いて、シュルツェ教授からは、オルデンブルク大学における特別支援教育の各分野及び教員養成の仕組みとともに、リハビリテーションと教育の融合について説明がありました。教員養成課程においては、学生は分野から2つの障害種を専攻して学習し、特に重要なのは、学生時代に理論を十分に学び、身につけることであり、ドイツの学生達は学習量の多さに苦労しているというエピソードの紹介がありました。

 質疑応答では、本学学生との間で障害者の就労問題などについて活発なやりとりがなされ、充実したセミナーとなりました。

前列左から3番目ハインリッヒ・リッキング教授,4番目ギゼラ C.シュルチェ教授

ハインリッヒ・リッキング教授による講演

ギゼラ C.シュルチェ教授による講演

本学学生との質疑応答

  • 英語習得院の説明ページです
  • 福岡教育大学教職大学院に関する案内ページへリンクします。
  • 教員総覧
  • 福岡教育大学いじめ根絶アクションプラン_いじめ防止支援プロジェクトです
  • 小学校現職教員向けの中学校教諭二種免許状(英語)取得に関する免許法認定講習に関するページにリンクします。
  • 教員免許状更新講習
  • 公開講座のご案内
  • 福岡教育大学学長選考会議のバナーです
  • 福岡教育大学twitter公式アカウント
  • ホームページリニューアルに伴い、ページが参照できない場合のアクセス方法について
  • 福教大携帯サイト 携帯から最新情報をチェック http://daigakujc.jp/fukuoka-edu/

Page Up