このページの本文へジャンプする

新着情報

News

特別講演「異文化理解について考える:子どもの自立を促すドイツの子育て事情」を開催します

イメージイメージ

 ミュンヘンの公立幼稚園で日本人保育者として活躍され、ドイツの異文化理解教育について豊かな知見をお持ちでいる、ベルガー有希子さんにドイツの幼児教育・子育てについてのお話をしていただきます。
 講演会後には、お茶を飲みながらの交流会も企画しています。皆さん、ぜひご参加ください。

 【講演タイトル】  子どもの自立を促すドイツの子育て事情
 【日 時】  月27日(火)  (講演会)13:00〜14:30  (交流会)14:30〜15:30
 【場 所】  福岡教育大学 共通講義棟203教室
 【講 師】  ベルガー有希子 氏
 コーディネーター】 江頭 理江(国際共生教育講座)、船越 美穂(幼児教育講座)

 主催:国際交流推進室

◆◇講演要旨◇◆ 
 キンダーという言葉は、キンダーガーデン、キンダーブックなど、日本でも馴染みのあるドイツ語の一つになっています。世界で最初の幼稚園がドイツ人フレーベルにより提唱され、そのフレーベルの教えが日本に入ってきたのが、お茶の水女子大附属幼稚園でした。フレーベルの他にも、多くの教育学者を輩出したドイツは、幼児教育の重要性にいち早く目を向けた国と言えるでしょう。では、現在のドイツの子育て事情はどうなのでしょうか。

◇◆講師紹介◆◇
 ベルガー有希子 氏  香川県生まれ。お茶の水女子大学児童学科卒。2003年からミュンヘン市教育スポーツ局職員として保育視察団のための案内・通訳を行うと共に、公立幼稚園教諭として勤務。本学学長裁量経費プロジェクト「『思わずやってみたくなる』異文化理解教育のための教材開発」のメンバー。

お問い合わせ先

連携推進課

電話 : 0940-35-1238
Fax : 0940-35-1700
E-mail : trenkei@fukuoka-edu.ac.jp

  • 英語習得院の説明ページです
  • 福岡教育大学教職大学院に関する案内ページへリンクします。
  • 教員総覧
  • 福岡教育大学いじめ根絶アクションプラン_いじめ防止支援プロジェクトです
  • 小学校現職教員向けの中学校教諭二種免許状(英語)取得に関する免許法認定講習に関するページにリンクします。
  • 教員免許状更新講習
  • 公開講座のご案内
  • 福岡教育大学学長選考会議のバナーです
  • 福岡教育大学twitter公式アカウント
  • ホームページリニューアルに伴い、ページが参照できない場合のアクセス方法について
  • 福教大携帯サイト 携帯から最新情報をチェック http://daigakujc.jp/fukuoka-edu/

Page Up