このページの本文へジャンプする

国際交流・留学

Interchange

海外留学奨学金

1.福岡教育大学

国際交流協定校派遣支援奨学金 (給付型)

福岡教育大学では、平成24年度より大学独自の奨学金制度を創設しました。
本学学生の海外留学を奨励することを目的として設けられたもので、本学と学生交流協定を結ぶ外国の大学に短期留学する学生に対して渡航費用、宿泊費用及び保険料として上限30万円を給付します。
(参考:平成26~28年度については、対象者全員が他団体の奨学金を受給したため給付なし。)

2.日本学生支援機構

海外留学支援制度(協定派遣)奨学金 (給付型)

日本の大学、大学院、短期大学、高等専門学校又は専修学校(専門課程)が、諸外国の高等教育機関との学生交流に関する協定等に基づいて、当該大学等に在籍する学生を派遣する場合、その学生に対して月額6~10万円を支援する制度です。
(参考:平成27年度~平成28年度は本制度の採択を受け、条件を満たす学生へ給付を実施。平成29年度も採択を受け、給付予定。)

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~ (給付型)

平成26年度に創設された官民協働で取り組む海外留学支援制度です。意欲・能力のある日本の若者が海外留学へチャレンジする機運を醸成するプロジェクトで、多様な活動の認定や充実した奨学金等、手厚い支援を特長としています。
(参考:第2期 2名採用、第3期 1名採用、第6期 1名採用)

第一種奨学金(海外協定派遣対象) (貸与型)

将来グローバルに活躍する人材を育成する観点から、意欲と能力のある日本人学生等が海外留学する際の経済的負担を軽減するために、日本学生支援機構(JASSO)が実施する「海外留学支援制度(協定派遣)」の給付を受けてもなお、経済的支援を必要とする学生に貸与されるものです。(平成26年度から実施)

第二種奨学金(海外) (貸与型)

近年の国際化に伴い、積極的に海外の大学・大学院で学ぼうとする学生が増える状況を踏まえ、国際的に活躍する人材の育成及び経済的支援を図る観点から創設されました。
大学・大学院進学予定者を対象として、進学をする前にあらかじめ申込む「予約制度」と進学後(在学中)に申し込む「在学採用」を行っており、申込書類の請求・提出先は日本国内の出身校または在学校となります。

第二種奨学金(短期留学) (貸与型)

国内の大学等在学中に、外国の短期大学・大学・大学院に短期留学をするために奨学金を希望する人を対象に貸与する有利子の奨学金で、在学する学校長の推薦を得て短期留学をする前に申込む「予約制度」となっています。申込書類の請求、申込みは在学中の学校担当窓口となります。

4.その他外部団体等

上記以外に複数の外部財団等が実施する海外留学支援を目的とした奨学制度があり、奨学金を受給できる可能性があります。
(参考:平成28年度 馬場財団国際理解教育人材養成奨学金 1名採用)
なお、その他外部団体等による奨学金に関する情報として、日本学生支援機構による以下のウェブサイトがあります。

 

お問い合わせ先

連携推進課

電話 : 0940-35-1247
Fax : 0940-35-1700

Page Up