このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

技術教育コース

テクノロジーの本質を極めたプロフェッショナルへ!充実したスタッフと洗練されたカリキュラム、抜群の採用実績で応えます

教育目的

 技術教育コースは、学部教育の上に、人々の生活や産業社会に起因する諸課題をテクノロジーにより解決する方策を探求し豊かな社会を構築するための技術的思考力と創造力を養成することをめざしています。本コースは、技術科教育、工業科教育、技術科学の3領域から成り、学校教育としての理論と実践および教科内容を指導することにより、技術教育に関する新たな研究を創出し、学校教育の水準を向上させうる高度な専門的能力を持つ人材の養成を目的としています。

教育課程編成方針

 技術教育コースの教育目的を達成するために、以下のような教育課程編成方針を設定しています。

  1. 特定の専門的内容の現代的諸課題を追求しながら、テクノロジーの本質を踏まえた教育分野への応用や授業展開等を可能とするプログラムを編成しています。
  2. 技術科学は、木材加工、金属加工、機械、電気、栽培および情報の各専門的内容で構成され、中学校の技術・家庭科技術分野の教科に関する科目をすべてカバーしています。
  3. 選択重視の履修方法とすることにより、工業高校の内容も含めた幅広い知識・技能を習得できるよう編成しています。
  4. 教科教育および教科に関する科目のすべてに専任教員を配置し、希望する領域・内容での研究を可能とする指導体制を整えています。
  5. 個々の専門的内容を教材開発の視点により統合した「教材開発総合特論」や「教材開発総合演習」の融合的科目を設けています。
  6. 自ら教材を考案・開発することにより実践力を養うために、実験・実習を重視したプログラム編成としています。
  7. 専門領域での学会発表などプレゼンテーション能力の向上を目的とした教育内容としています。
  8. 修士論文の準備・作成に関する科目として「課題研究」を設けています。

コースツリー

修士論文研究に関する指導指針

主な進路

  • 小学校教員
  • 中学校教員(技術)
  • 高等学校教員(工業)
  • 地方公務員
  • 企業 など

研究室紹介

所属教員及び授業担当教員

アクロバットリーダーバナー

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

Page Up