このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

理科教育コース

子どもたちが正しい自然観を持ち、自然に親しむような指導力の育成

教育目的

 理科教育コースは、学部における一般的並びに専門的な知識、あるいは理科授業実践経験を基礎として、環境問題や理科離れなど今日的課題にも幅広く対応しつつ、広い視野に立って精深な学識を授けます。
さらに、理科教育学に関する学問を創出・展開する能力を養い、21 世紀の初等理科教育および中等理科教育をリードすることができる高度な理論的・実践的能力を持った人材の養成を目的としています。

教育課程編成方針

 理科教育コースの教育目的を達成するために、以下のような教育課程編成方針を設定しています。

  1. 理科教育コースにおいては、児童・生徒に対して自然科学をいきいきと伝えるために、専門分野の研究の経験を積み、学校教育現場における理科教授学習論上の問題とその解決方法を学ぶことが目標です。
  2. 理科領域では、物理学、化学、生物学、地学分野について、専門的集中と幅広さを兼ね備えたカリキュラム修得が望まれます。これらの学生も、理科教育特論、理科教育演習の授業によって、教育現場についての問題点等をも深く学んで行きます。専門的に学んでいる教科専門内容を使いながら、教育現場の問題点を併せて考えることが、各学生に望まれます。
  3. 理科教育領域では、理科教育特論、理科教育演習の授業を中心として教育現場についての問題点等を深く学んで行く必要があります。同時に、既に大学時代で「山作り的に学んだ」教科専門科目の受講、あるいは、各科概論の受講を行い、現代科学の進歩を知っていく必要があります。

コースツリー

修士論文研究に関する指導指針

主な進路

  • 小学校・中学校・高等学校教諭
  • 大学教務員
  • 博士課程進学
  • 社会教育関連公務員 など

研究室紹介

所属教員及び授業担当教員

アクロバットリーダーバナー

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

Page Up