このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

音楽教育コース

実践的技能と理論的探究力をそなえた音楽文化の担い手を育成する

教育目的

 音楽教育コースは、学部における一般的並びに専門的な教養あるいは教職経験の基礎の上に、広い視野に立って精深な学識を授け、音楽科教育、演奏学(器楽、声楽)、音楽学(音楽学、作曲)の中で、自ら専門とする領域における高度な専門的知識・技術・能力等を身につけ、初等・中等教育諸学校や生涯教育社会において21 世紀の音楽教育をリードできる高度な理論的・実践的能力をもった人材の育成を目的としています。

教育課程編成方針

 音楽教育コースの教育目的を達成するために、以下のような教育課程編成方針を設定しています。

  1. 音楽教育コースでは、音楽科教育や音楽について学部で学び身につけたこと、あるいは音楽に関する教職経験や教育経験を踏まえ、希望する領域の研究を進めると同時に、関連する他の隣接領域についても学び、音楽教育と音楽について広く・深く研鑽していくことのできるカリキュラムを編成しています。
  2. 音楽科教育領域では、音楽教育における歴史的課題および今日的課題を検討したり、音楽活動の指導法や授業設計に関して理論的・実践的に研究する科目を開設しています。
  3. 演奏学領域ではピアノ、ヴァイオリン、声楽に分かれ、それぞれ希望する専門における演奏解釈と演奏法を研究し、その技術力・表現力を高度に練磨していく科目を開設しています。
  4. 音楽学領域では、音楽学的観点から音楽または現代の音楽状況を理論的・歴史的に研究する科目や、作曲の実践的立場で作曲技法をよりいっそう高度に鍛錬し、幅広い表現力を身につけていく科目を開設しています。

コースツリー

修士論文研究に関する指導指針

主な進路

  • 大学・短大教員
  • 小学校・中学校・高等学校教諭
  • 演奏家、作曲家、音楽研究家
  • 音楽評論家
  • 音楽に関する教育者・指導者 など

研究室紹介

所属教員及び授業担当教員

アクロバットリーダーバナー

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

Page Up