このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

教職実践専攻(教職大学院)の紹介

トピックス

 福岡教育大学教職大学院は、教員としての高度な実践力を身に付けさせるべく、平成28年度から入学定員の倍増を行うとともに、大学院教育の質向上に努め、新たな飛躍を目指します。

【最近の教育実績】
 平成29年度各都道府県教員採用選考試験の合格状況は、2年生12名中5名(他に5名は平成28年度教員採用選考試験に合格し、名簿登載期間延長措置を適用されています)、1年生18名中7名が合格しました。詳細は、下記のとおりです。※1年生の全体数18名は、小学校教員免許状取得プログラム5名を除いています。

 

福岡県
小学校

福岡県
中学校

福岡県
高等学校

福岡県
特別支援

福岡市
小学校

福岡市
中学校


2年生




国語2・社会・音楽 保健体育

1年生




社会・英語 理科・英語

① 2年生は平成28年度採用試験合格者を含む。
② 採用試験合格地の内、採用希望地実数のみ。
 その他、東京都、横浜市、北九州市の重複合格者有り。


【平成28年度からの新たな取組】
○学部新規卒業者を対象とした教育実践力開発コースの入学定員をこれまでの10名から25名に拡充しました。
○中・高等学校一種免許状を所持している者で小学校教員を志望する者のための小学校教員免許状取得プログラム(履修期間3年)を新たに開設しました。

 

理論と実践の融合~「実践の事実」から学ぶ

教職実践専攻(教職大学院)における教育の基本的な考え方

 教職実践専攻(教職大学院)での教員養成は「実践の事実」から学ぶことを中心とします。教職のような高度な専門的職業には、「経験の積み重ね」が不可欠 です。しかし、「経験」を重ねれば自然に専門的力が形成されるのではありません。自らの実践体験、他者の実践を「知的考察」の対象とし、徹底的に分析・検 討し、そこから実践の理論的「知」や具体的「技」を客観化する方法・手だてを獲得する必要があります。それによってはじめて、「経験から学ぶ」ということ が成立します。教職実践専攻(教職大学院)では、こうした「体験の経験化」ともいうべき実践力の養成課程を基本とし、高度な専門職業人として教員に求めら れる資質能力を育成します。
 教職大学院では、多様な教育的ニーズを持つ子どもに的確に対応できる教員としての高度な「能力」を客観的な知識・技 術・スキルとして獲得していくと同時に、附属学校や協力校、地域の教育機関等との密接な連携によって、多くの優れた教員や優れた教育実践との出会いと学び の場を作り出し、人間性豊かな教員としての「資質」の形成をめざしています。

教職実践専攻(教職大学院)のコース

学部卒業者社会人(新人教員コース)

現職教員(中堅教員コース)

 
教育実践力開発コース

教員免許状をもつ学部卒業者及び社会人を対象とします。2年間で、現在の教育現場における課題に即応できる実践的指導力を養成し、学校現場の即戦力となる新人教員を育成します。
また、平成28年度から、中・高等学校一種免許状を所持している者で、小学校教員を志望する者のための小学校教員免許状取得プログラム(履修期間3年)を新たに開設しました。

生徒指導・教育相談リーダーコース 原則として教職経歴5年以上の現場教員と教職経験のある社会人を対象とします。生徒指導・教育相談の実践的力量をさらに高度化し、各学校での組織的取組みを指導するとともに、学校内外の関係機関のネットワークを形成することができるリーダーを養成します。
学校運営リーダーコース 原則として教職経験5年以上の現職教員を対象とします。その教職経験と実践的指導力を客観的に振り返り、若い教員や同僚教員を指導できる学校や地域の教育活動及び研究活動のリーダーを養成します。

主な授業科目

【共通科目】

 これは、全コースの院生が共通に学ぶ基本科目であり、今日的な教育課題について幅広い専門的知識と実践力の修得により、高度な専門職業人である教員としての基礎的な力量の育成をめざしています。 

主な授業科目の一覧
領域 科目名 開講期 単位数 必選別
教育課程の編成・実施に関する領域 現代社会における教育の課題 2単位
現在の教育課題とカリキュラム・マネジメント 2単位
教科等の実践的な指導方法に関する領域 授業分析・リフレクションの理論と実践 2単位
教科教育実践と指導法の改善 2単位
生徒指導・教育相談に関する領域 生徒指導の理論と実践 2単位
学校カウンセリングの方法 2単位
教育統計基礎 2単位
学級経営、学校経営に関する領域 教育改革の動向と学校経営の課題 2単位
学校教育と教員の在り方に関する領域

スクールコンプライアンスと教職プロフェッションの開発

2単位
特別支援教育に関する領域 学級における特別支援教育の課題と実践 2単位
学級における特別支援教育のケ-ス研究 2単位

【コース別科目】
 共通科目における共通かつ基礎的な学習を基盤として、各コースで目標とする人材を養成するためにコース別選択科目を設定します。履修に際しては、共通科目を1年次に学習したのちにコース別選択科目を学習することを基本とします。

所属教員及び授業担当教員

実施しているプロジェクト

説明会のご案内

教職大学院の取り組み

Page Up