このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

音楽選修

音楽選修授業風景

音楽性あふれる子どもたちへの教育を担う君たちへ!

小学校の教員は、教育現場においてすべての教科にわたって授業を行います。しかし、自分の学校教育に対する理想や信念を育む時に、自身の得意な分野を伸ばし、その視点で広く子どもたちへの教育を見わたせば、必ずや自信と確信をもってひとつの教育観が見えてくることでしょう。
音楽選修では、音楽への想いを共にする学生たちとの研鑽の場と、子どもたちへの教育をほかの教科から考える他選修の学生たちと学ぶ場の両方が得られ、音楽の専門教育を受けながらも決して視野が偏ることなく学ぶことができます。
同時に九州唯一の教育大学である特徴として、中等音楽教育を専門に学ぶ学生や、音楽の専門家を目指す芸術コースの学生と共に大学生活を過ごすなかで、音楽のさまざまなジャンルにふれることができ、また仲間たちの多様な音楽の考えを感じながら自分自身を成長させることができます。このことは、小学校の教員免許取得のみならず、中学校や高校の教員免許を取得しようとするときにとても大きな強みとなります。
音楽で心豊かな子どもたちを育てるために、あなたのトライを待っています!

選修の特色

小学校での授業だけではなく、子どもたちの日々の生活をとおして、さまざまなスタイルの音楽に親しむことのできる柔軟な感性の育成、そして、その感性を支える豊かで確かな音楽能力の向上を目指して、専門的な指導力を教育現場において十分に発揮できる、優れた応用力をそなえた小学校教員の養成を、音楽選修では目指しています。
広く教養や外国語を学び、初等教育に必要な音楽・体育・図工・家庭・生活・理科・算数・国語・社会科教育研究など授業を創り上げる上で必要となる教科教育科目を履修しながら、さらに音楽のさまざまな専門科目を履修していくバランスのとれたカリキュラムにおいて、着実に成長していく自分を感じとることができるでしょう。

カリキュラムの特色

まず1・2年次では、「ソルフェージュ」「声楽」「ピアノ」「管弦楽器」などの実技科目と並行して、「音楽理論基礎」「和声学」「楽式論」などの、音楽の理解に必要な基礎的理論科目を履修します。さらに専門科目として「西洋音楽史」「日本東洋音楽史」「作曲法」「指揮法」なども履修します。3・4年次では、「小専音楽」をはじめとする科目を通して各教科の幅広い授業実践力をつけると同時に「オーケストラ」「邦楽器」「伝統声楽」「合唱」「編曲法」などの発展的な内容の専門科目によって専門性を高め、卒業研究へと結びつけます。

主な授業科目

[1年次]

  • 音楽理論基礎
  • ソルフェージュ
  • 和声学
  • 西洋音楽史
  • 声楽Ⅰ・Ⅱ
  • ピアノ
  • 管弦楽器Ⅰ・Ⅱ など

[2年次]

  • 声楽Ⅲ・Ⅳ
  • ピアノ
  • 管弦楽器Ⅲ・Ⅳ
  • 楽式論
  • 日本東洋音楽史Ⅰ・Ⅱ
  • 指揮法
  • 作曲法
  • 音楽科教育研究
  • 基礎実習
  • 合唱
  • 体育科教育研究
  • 算数科教育研究
  • 理科教育研究
  • 社会科教育研究
  • 生活科教育研究 など

[3年次]

  • オーケストラ
  • 伝統声楽
  • 邦楽器
  • 編曲法
  • 音楽研究論
  • 教育実習
  • 小専音楽 など

[4年次]

  • 演奏学ゼミ
  • 音楽学ゼミ
  • 音楽科教育ゼミ
  • 卒業研究(論文/演奏) など

取得できる教員免許・資格

  • 小学校教諭一種免許状
    ◇必要単位を取得すれば
  • 中学校教諭一種免許状(音楽)
  • 高等学校教諭一種免許状(音楽)
  • 幼稚園教諭一種免許状
    ◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

  • 小学校教員
  • 音楽教室講師
  • 大学院進学 など

教員からのメッセージ

作曲 二宮 毅教授

二宮 毅教授

音楽を五感すべてで感じとるものとして

音楽は、人と、世界と繋がるということ。教育者を目指す皆さんには、ぜひ、音楽の持つ無限の力を信じて疑わない、揺るがぬ確信を持って頂きたいですね。音楽を通した教育活動を音=聴覚のみに留めることなく、目=視覚、手=触覚、果ては作曲家ドビュッシーが友人セヴラックの音楽を「良い香りのする」と評したように嗅覚までをも研ぎ澄ませ、その歓喜を体中で受け止められるものとして、次世代へ音楽の素晴らしさを伝えていきましょう。

Page Up