このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

理科専攻

自然観察や実験に基づき、わかりやすく理科を教える教師を目指す。

 本専攻では、科学的思考力や記述力、プレゼンテーション能力を持ち、観察や実験を主眼とした理科教育を、中学校や高等学校で推進できる教員を養成するこ とを目指します。将来、中学校や高等学校の教員となるのに必要な物理、化学、生物、地学、理科教育のそれぞれにおいて、基礎からアドバンス・コースまでの 確実な習得のための科目を用意しています。実験観察、演習のほか、教育実習、体験実習等を通じて、理科教員となるにふさわしい体験、心構えの体得を目指し た教育を行い、卒業研究では1つの分野について深く学習・研究する経験も積みます。求められるのは、自然現象を客観的に見つめ、既成の論理をも批判的に考 える力、並びに数学的な基礎力、特に演習・実験においては、整理して考えることや、忍耐強く思考することです。充実して勉学に取り組み、理科・数学の基礎 を身につけた上で、将来、教員になるに当たって必要な他者とのコミュニケーション能力等にも優れた受験生を期待しています。

専攻の特色

 中学校・高等学校における理科という教科では、自然の本質を理解することを大きな目的としています。自然科学というとあまり馴染みがないかも知れませんが、実は私たちの身の回りに起こるあらゆる現象や、身の回りに存在する物質、そして私たちの住む地球やそれを含んだ宇宙空間、さらに私たちの体内そのものも学問の対象となるのです。そこで、中等理科専攻では、自然科学についての広範な基礎的知識と専門分野に関する深い理解を修得し、現在の理科教育に課せられた様々な問題を解決できる教員を養成します。基礎的実験や各種の観察・実習、卒業研究などを通して、能力的・人格的に優れた多くの卒業生を輩出しています。

カリキュラムの特色

 理科の全科目の基礎、及び教材研究や教育プログラム開発などの教育方法を学んだ上で、更に一つの分野を深く追求する過程において科学的思考力、記述力、プレゼンテーション能力を高めることを目指した教育を行っています。また、教育現場に直結した基礎的実験を始めとして最新の理化学機器を駆使した測定・観測、各種の野外実習など、多彩な実験・実習がカリキュラムに含まれています。3年生からは主として物理学領域・化学領域・生物学領域・地学領域・理科教育領域への配属が行われ、さらに4年生では4年間の学習や研究活動の集大成として卒業研究を行い、学生と教員が一丸となって切磋琢磨しています。

主な授業科目

  • 力学
  • 電磁気学
  • 有機・無機化学
  • 分析化学
  • 植物・動物生理学
  • 遺伝学
  • 固体地球科学
  • 天文地球物理学
  • 中等理科教育研究A・B
  • 中等理科教育演習Ⅰ・Ⅱ
    及び関連する各分野の基礎実験など。

取得できる教員免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科)

◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。

  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

  • 中学校教員
  • 高等学校教員
  • 公務員
  • 教育関連企業
  • 一般企業
  • 生涯教育・社会教育施設
  • 大学院進学 など

教員からのメッセージ

物理化学 宮崎 義信 教授

4年間で学ぶこと。

 1年から理科の全領域(物理・化学・生物・地学)の講義・実験を受講し、理科教員に必要な理科の幅広い知識と技術の修得を目指します。また1年の体験実習から4年の研究実習まで4年間にわたる実習を通じて、将来教職に就くために大学で何を学んでおくべきか考えることができます。卒業研究においては集大成として、指導教員の指導のもと、各自の研究テーマについて計画・実行・成果発表に至るまでの研究の一連の過程を学びます。

Page Up