このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

家庭専攻

生徒の生きる力を育てる
家庭科教師育成をめざして

●自分たちの生活を見つめ、見直し、よりよく生きるための力を育む家庭科
 家庭科は、生徒が自分たちの衣食住や消費行動、自分と家族や地域の人々との関わり、環境との関わりなどを見つめ、生活課題の解決をめざして生活スキルや社会的スキルを実践的・体験的に学ぶ教科です。

●九州地区最大規模の教授陣
 本専攻は、中学校・高等学校で家庭科を担当する教員を養成しており、スタッフ数は、九州最大規模を誇ります。衣食住、家庭経営、家庭工学、家庭科教育の各領域に専任スタッフがそろっており、専門的、総合的に学ぶことができます。

●地域、社会と連携した主体的、実践的な学び
 生活経験の異なる多様な生徒と向き合う中学校・高等学校教員には、人と関わる力や、社会や家庭のニーズを理解して問題に取り組む力が求められます。大学での授業はもちろん、家政教育講座の教員が行う地域での食育活動や、消費生活センターや子育て支援センターとの連携、学校への教材紹介など、様々な機会を活用して主体的に学ぶ意欲のある人を歓迎します。

 

専攻の特色

 現代の子どもたちは、生活の自立のための知識・技能を習得する機会が少なくなっています。このような子どもたちに、知識・技能だけではなく、確かな生活価 値観、判断力をもたせ、責任能力のある生活者・家庭人に育てるのが、家庭科教師の責務といえます。豊かで便利な社会となった現代では、家庭科教師がはたす 役割はますます重要になっています。このため本専攻では中学・高等学校の家庭科教師をめざす学生に、家庭科の各領域の知識・技能に習熟するだけではなく、 自ら生活課題を見い出し解決しようとする態度、深い思慮と広い視野から物事の本質を見抜く力を養ってもらいたいと考えています。卒業生は、各地の学校で活 躍しています。

カリキュラムの特色

 本専攻では、広範で多様な課題についての認識を深めてもらうため、講義、実習、実験、演習などの授業形態による、充実した専門科目を開講しています。専門 科目の履修は1年次から始まります。最初に、基礎的・基本的な内容を学んだ後に、2・3年次では実習、実験を含めたさらに深い内容を習得できるように編成 されています。また、3・4年次では、多数の選択科目を受講できます。これらの科目を積極的に受講して、個性豊かな教師になっていただきたいものです。ま た、家庭科教育法では、中学・高等学校での授業内容、教材・教具の開発、指導方法について理論的・実践的に学べるようになっています。

主な授業科目

  • 家庭経営学
  • 被服材料・衛生学
  • 被服管理学
  • 栄養学
  • 調理学
  • 住居学
  • 家庭工学
  • 保育学
  • 家庭科教育研究A・B
  • 中等家庭科教材開発A・B

取得できる教員免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)
    ◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

 中学校・高等学校の教師のほか、家庭科の専門能力を活かして生活改良普及員(公務員)になった人もいます。また、家庭専攻で取得した単位を基礎に勉強すれば、卒業後、インテリア・コーディネーター、消費生活アドバイザー、保育士などの資格を取ることもできます。

教員からのメッセージ

家庭工学 阿曽沼 樹准教授

 

阿曽沼 樹准教授

「家庭科の先生になりたい!」みんなの夢を全力でサポートします。

本専攻は、主に高校、中学校の家庭科教員をめざす人のための課程です。私は家庭工学を専門とし、家庭用機器の適切な取り扱いや情報リテラシーなどを担当しています。
家政教育講座では、生活課題を見出し解決しようとする態度、広い視野から本質を見抜く力を備えた教師育成を目指して、教員全員が連携し、学生のみなさんをサポートしていきます。「家庭科が好き」というみなさん、「先生になりたい」という目標に向かって、私たちと一緒にチャレンジしてみませんか?

Page Up