このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

音楽コース

音楽コース授業風景

音楽と共に生きることについて考え実践する専門家を育成します。

音楽を通じた自己表現やコミュニケーションのもたらす力の素晴らしさが、社会の様々な場面において求められ評価されています。音楽コースでは、ピアノや管弦楽器や声楽の演奏あるいは作曲の技術を専門的に習得し、音楽に関する幅広い知識や教養を身につけて、国内外での音楽活動やその周辺活動によって社会に貢献する人材を輩出してきました。自分が専門にする分野をあらかじめ定めて入学しますが、専門分野の技能を一貫して高度に磨き上げることはもちろん、専門以外の分野の演奏技能についても学んだり、他分野との交流や共演によって専門能力の幅を広げる多様な演習科目、幅広い知識と感性を育む講義科目、それらを総合した学内の演奏発表会や地域社会での演奏活動などを通じ、音楽と共に生きることについて考え実践する力をつけていきます。また教育学部ならではの教育や指導に関する理念や実践法を深く学ぶ機会もあり、音楽の指導者として活動するための資質・力量を育むことができます。

コースの特色

音楽コースは、ピアノ・管弦楽器・声楽・作曲のうち各人が主とする専門分野の高度な技術と知識の習得を中心に据え、広く社会全般における音楽文化の普及・振興に貢献する「音楽の専門家」を育成することを目指しています。従って教育学部にありながら学校教員の免許状を取得せずに卒業もできますが、各人が大学4年間で習得したい能力や資格についてよく考え、免許取得に必要な科目を履修することで、学校教員の免許状も取得できます。教員養成課程の学生と交流しながらの授業や活動も多く、相互に刺激を与えたり協力し合うことで、専門家としての視野や応用力も広がるに違いありません。

カリキュラムの特色

入学試験時に選んだ専門分野の表現力を、卒業研究に至るまで、基礎から応用へと一貫して究めることが柱となっています。様々な分野の専門家を目指す者同志によるアンサンブルや本物の舞台経験を協同して行うといった、個人の研鑽だけでは経験できないような活動も本学の当コースならではの特色です。音楽家としての幅を広げるため、1~3年次にかけて「音楽史」「作曲法」「編曲法」「指揮法」などの理論・実践科目や、専門分野以外の「管弦楽器」「邦楽器」などの実技科目もあり、例えば「管弦楽器」では1年次に各人がオーケストラで使用する楽器( 購入してもらうこともあります)を選択し、3・4年次での「オーケストラ」の授業へと発展します。

主な授業科目

[第1学年]

  • ソルフェージュ
  • 和声学
  • 音楽理論基礎
  • オーケストラ入門
  • 管弦楽器A・B
    *(各自オーケストラで使用する楽器を購入または借用し、3・4年次の授業に対応できるだけの技術を養う)
  • 西洋音楽史
  • ピアノ
  • 声楽基礎演習A・B
  • 声楽表現演習A・B

[第2学年]

  • 楽式論
  • 西洋音楽史詳論
  • 日本東洋音楽史Ⅰ・Ⅱ
  • 作曲法
  • ピアノ技巧演習
  • ピアノ表現演習
  • 声楽特殊研究Ⅰ・Ⅱ
  • 声楽アンサンブル・舞台発声法A・B
  • 管弦楽器技巧演習
  • 管弦楽器表現演習
  • 指揮法
  • 合唱

[第3学年]

  • 声楽特殊研究Ⅲ・Ⅳ
  • 音楽史特殊研究
  • 作曲技法研究
  • 近現代音楽論
  • 楽曲研究
  • 編曲法
  • 伴奏法
  • マルチメディア
  • ピアノ技巧論
  • ピアノ表現論
  • オペラアンサンブルA・B
  • 器楽アンサンブル
  • オーケストラ
  • 邦楽器

[第4学年]

  • 演習学ゼミ
    *4年生は授業以外に、自分の卒業研究テーマの勉強に時間をかけて取り組みます。

取得できる教員免許・資格

◇履修方法を工夫することにより、下記の教員免許状が取得可能です。

  • 中学校教諭一種免許状(音楽)
  • 高等学校教諭一種免許状(音楽)

◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。

  • 学校図書館司書教諭(教員免許状の取得が必要)
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

  • 演奏家
  • 作曲家
  • 指揮者
  • オーケストラ団員
  • 合唱指導者
  • オーケストラ指導者
  • 音楽教室講師
  • 放送局職員
  • 音楽ホールスタッフ
  • イベント企画スタッフ
  • 公務員
  • 教員
  • 大学院進学 など

教員からのメッセージ

音楽学 山本 百合子准教授

山本 百合子准教授

社会に求められる音楽家に!

芸術課程音楽コースでは、充実した個人レッスンやアンサンブル演習、学内外のホール等での多様な演奏発表の機会を通じ、高い演奏力や作曲力をもつプロの音楽家を目指すことができます。また教育学部ならではの、学校教育や生涯教育の現場での様々な実践活動によって、現代社会が音楽家に期待する「音楽を教える力/その魅力や面白さを巧みに伝える力」を、技術と理論の両面から磨くことができます。社会に求められる音楽家を目指して幅広く学びたい人を待っています。

Page Up