このページの本文へジャンプする

学部・大学院・附属施設等

Faculty

美術コース

美術コース授業風景

表現したいものが、ここで見つかります。

 絵画、彫刻、構成デザイン、工芸、美術理論の各教員が、各自の研究と結び付いたレベルの高い授業を行っています。これらの授業を理解するために必要な基礎力を1・2年次に修得できるカリキュラムが編成されています。実技に偏ることなく、理論の修得も行います。3年次からの専攻に分かれてからの研究制作では、独自性を発揮した、完成度の高い作品制作を行えるよう、教員が親身な指導をしています。4年間の成果を発表する卒業制作展では、必ず納得できる作品発表が出来ることと思います。
 北部九州に位置する大学として、「伝統」や「地域社会」との結び付きを重視して、新たな展開が可能であるよう志向しています。また、アジアの美術やデザインとの出会いも大きな要素であり、美術大学出身者とは一味違う力を備えた人材を社会に送り出しています。
 芸術表現を理論と実践の両面から学ぶ意欲のある人。美術工芸を通して地域社会及び文化の伝達・創造に貢献しようという目的意識のある人を歓迎します。

コースの特色

 感性の豊かさが国際社会や情報社会の中でますます求められています。芸術の総合的理解を深めるために、造形芸術を追求する専門科目と伝統文化も理解できるよう総合科目も設けています。国際化と地域文化に貢献でき、新しい社会に適応できうる芸術の創造を目指しています。
 絵画、彫刻、構成デザイン、工芸、美術理論という旧来の枠を超え、各自の学ぶ目的に従って、自由に選択できます。基礎的な力を十分に身に付けた上での専門的研究を行うために、各分野の教員が親身な指導を行っています。制作だけに偏ることなく理論にも力を入れ、実技と理論の両面を持つ力強いアーティストやデザイナー、及び生涯学習を担う人材を養成しています。

カリキュラムの特色

  3年次から専攻に分かれ各自の研究を深く追求するためには、芸術に対する基礎的な力が重要です。この基礎的な力を身につけることによって、大学で芸術を学ぶためのレベルに達することができます。1年次前期から2年次前期にかけて学ぶ基礎的な専門科目では、絵画・彫刻・構成デザイン・工芸・美術理論を、各教員がさまざまなアプローチで展開します。2年次後期からは、知識と技能をレベルアップするための専門科目を学びます。専攻に分かれると、各研究室の教員が個々の学生の独自性を踏まえた高度な研究を行えるよう指導します。基礎的な力を確実に身に付けた上で、専門を学ぶことが、自己の研究を高めるための重要なポイントです。

主な授業科目

  • 油彩画
  • 日本画
  • 木彫
  • 石彫
  • ビジュアルデザイン
  • 環境造形
  • 金工
  • 窯芸
  • 古美術研究
  • メディア&アートマネージメント など

取得できる教員免許・資格

◇履修方法を工夫することにより、下記の教員免許状が取得可能です。

  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(美術)(工芸)

◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。

  • 学校図書館司書教諭(教員免許状の取得が必要)
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

  • 芸術家
  • 生涯学習指導者
  • 各種デザイナー
  • 公務員
  • イベント企画
  • 教員 など

教員からのメッセージ

金属工芸 宮田 洋平教授

宮田 洋平教授

ステップアップ・スキルアップ。

 本コースでは、高校等で美術の勉強をしてきた学生がほとんどです。同じように学んできた学生同士が、大学というステップアップした新たな環境で、互いに刺激を受けあいながら制作をしています。ここでめぐり合った友は、美術を語れる一生の友人でもあるのです。作品と絆を生み出す、すばらしい場所です。

Page Up