このページの本文へジャンプする

就職・進路

Career

本学の教員就職状況について

 各国立教員養成大学・学部(教員養成課程)及び教職大学院の毎年3月卒業者・修了者の教員就職状況等は、毎年度、文部科学省より公表されています。本学の近年の教員就職状況等についてご理解いただくものとして、第2期中期目標・中期計画期間(平成22年度から平成27年度)の状況を下記のとおりお知らせします。

出典:文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp/)

 直近の平成29年度教員採用選考試験では、教育学部学生は,本学の過去数十年の中で最も多数の学生が合格しました(延べ数367名、実数283名)。その要因の一つとして、福岡県等の九州・沖縄地域の各自治体での採用数の増加や自治体の併願(たとえば,福岡県と福岡市の併願など)が可能になったことを挙げることができます。福岡県等の九州・沖縄地域では、今後暫くの間、比較的高い教員採用者数が続くことが予測されています。
 このような中,本学教育学部では、平成28年度から学校教育3課程に特化し、教育課程や指導体制を大幅に改革することにより、各課程で小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等の教員として必要な資質能力を全般的に確実に修得できるようにいたしました。
 くわえて,大学として、教員採用試験に向けた特別講座や教職への意欲を高める教職イベント等の充実した取組を実施しています。特に,学生同士が高めあいながら,2年・3年次から特別講座等の受講や過去数年分の問題分析等を行う環境を整えています。
 本学は,教員養成の広域拠点大学として、各学校の児童生徒や保護者等の皆様の期待に応えられる優れた教員を各地域に多数輩出できるよう,努めてまいります。

Page Up