このページの本文へジャンプする

研究・社会貢献活動

Activities

科目等履修生

科目等履修生

科目等履修生とは

 科目等履修生とは、正規の学生とは異なり、必要な特定の授業科目のみを受講し考査を受けた上、単位を修得することができるものです。
 勉学のための受講や、教員免許状取得のために受講することができます。

科目等履修生となるための資格について

 学部の授業を受講する場合と大学院の授業を受講する場合とでは資格が異なります。
 なお、受講目的が教員免許取得の場合は修得済単位数についての条件があります。
 また、本学を含む大学の専攻科及び大学院に在籍している学生については、教員免許又は資格取得が目的の場合に限られます。

資格
学部の授業を受講する場合 大学院の授業を受講する場合
高等学校を卒業した者
又はこれと同等以上の学力を有する者
大学を卒業した者
又はこれと同等以上の学力を有する者
受講目的が教員免許取得の場合の条件
専修免許状 当該免許状の所要単位(教職に関する科目、教科に関する科目、特別支援教育に関する科目ごと)の5分の4以上を修得済であること。
一種免許状 当該免許状の所要単位(教職に関する科目、教科に関する科目、特別支援教育に関する科目ごと)の4分の3以上を修得済であること。
二種免許状 当該免許状の所要単位(教職に関する科目、教科に関する科目、特別支援教育に関する科目ごと)の2分の1以上を修得済であること。
(注)教員養成学部卒業生については、上記の修得単位数は適用されません。また、現に教育職員である者についても適用されません。

授業科目について

  • 学部の授業科目については、1学期に履修できる単位は10単位までとなっています。(ただし、本学を含む大学の専攻科及び大学院に在籍している学生については、1学期に履修できる単位は4単位までとなっています。)
  • 大学院の授業科目については、1年間に履修できる単位は6単位までとなっています。

出願等の手続きについて

 科目等履修生として入学を志願する方は、所定の願書に履修しようとする授業科目を記載し、担当教員の承認を得たうえで、所定の期間内に出願書類を提出してください。
 出願期限は、前期の授業科目を受講したい場合は3月10日、後期の授業科目を受講したい場合は9月10日です。(いずれも、その日が土日の場合はその前の平日になります。)
 ※外国人留学生の場合、出入国手続き等の関係で上記期限の2~3ヶ月前までに、連携推進課(0940-35-1247)に問い合わせてください。

【科目等履修生について】
 ・科目等履修生ガイド <『科目等履修生』について.pdf>

【出願の手続きについて】
 ○(前期または後期の)新規の出願手続について
  ・科目等履修生の申請手続について<科目等履修生の手続について(後期分)>
  ・科目等履修生願(新規) <科目等履修生願(新規).pdf>
 ○前期から継続される方の出願手続について
  ・科目等履修生の申請手続について<科目等履修生の手続について(前期からの継続用)>
  ・科目等履修生願(前期からの継続用) <科目等履修生願(前期からの継続用).pdf>
【願書への添付が必要な場合の提出書類の様式について】
 ・健康診断書(様式) <科目等履修生志願者健康診断書.pdf>
 ・所属長の承諾書(様式) <承諾書.pdf>

 ※出願書類は、教育支援課の窓口でも配布しています。
 

費用について

 検定料9,800円 / 入学料28,200円 / 授業料(1単位あたり)14,800円 となっています。
 いずれも、平成30年度の額です。(金額は年度によって変更されることがあります。)
 なお、前期出願時点で、後期も受講する旨を申し出た方については後期分の検定料・入学料は必要ありません。
 また、在学期間は年度で区切られますので、翌年度も受講したい場合は、新たに検定料・入学料 ・授業料が必要となります。

教育実習及び介護等体験について

 教育実習(特別支援教育実習を除く)及び介護等体験については、本学の卒業・修了生に限り受けることができます。
 ただし、その場合は必ず前年度の早い時期(遅くても7月中旬まで)にご相談ください。

単位修得後の証明書について

 願い出があれば必要に応じ、学力に関する証明書(教員免許申請)、成績証明書、在籍証明書等を発行いたします。

身分証明書について

 願い出があれば発行いたします。(顔写真 正面・脱帽 縦4cm×横3cmを1枚ご用意ください。)

学割や通学定期の証明書について

 科目等履修生は正規の学生ではないので、発行することはできません。

お問い合わせ先

教育支援課

電話 : 0940-35-1232

Page Up