このページの本文へジャンプする

大学案内

About

創立60周年記念式典概要

創立60周年及び教職大学院開設の記念式典を挙行

 福岡教育大学では、平成21年10月29日(木)、福岡市内の「ホテル日航福岡」を会場として、創立60周年及び本年4月に設置した教職大学院(教育学研究科教職実践専攻)の開設を記念して、式典及び祝賀会を挙行しました。

 式典に先立ち、放送大学学園理事長の御手洗康氏による「教員養成への期待」と題した講演会が行われ、教員養成系大学を取り巻く課題とデマンドサイドからの期待への対応について、参加者は熱心に耳を傾けていました。

 続いて行われた式典では、文部科学省、福岡県選出の国会議員、県内教育界、大学関係者など約250人の出席のもと、大後学長が、60年の歩を振り返り「教職大学院開設を機に、新しい時代の使命を自覚し、引き続き地域の教育委員会をはじめ学校等デマンドサイドの協力を得ながら、連携をより一層強化し、現代社会において、真に必要とされる質の高い教員養成及び教育者の養成に全力を挙げて取り組みたい」と決意が表明されました。

 続いて、文部科学大臣の祝辞を高等教育局高等教育企画課長の義本博司氏が代読され、その後、福岡県知事(海老井副知事代読)、福岡県議会議長の今林久氏、九州大学総長(落合理事代読)が祝辞を述べられました。さらに、創立60周年を記念して作られたイメージキャラクター「フッキー」の制作発表及び表彰が行われました。

 式典終了後、祝賀会が開かれ、大後学長の感謝の挨拶のあと、地元宗像市長の谷井博美氏及び福岡県教育委員会教育長の森山良一氏が祝辞を述べられた。続いて、来賓と本学関係者による鏡開き、九州情報大学副学長の安藤延男氏の発声による乾杯、教職大学院の紹介やアトラクションが行われ、福岡教育大学同窓会長の毛利公亮氏の万歳三唱で閉会。終始和やかな雰囲気の中で祝賀会が行われました。 福岡教育大学は、創立60周年及び教職大学院開設という記念すべき節目の年に「新しい福岡教育大学」として新たな一歩を踏み出すこととなりました。

Page Up