このページの本文へジャンプする

大学案内

About

平成29年度入学式 式辞 (平成29年4月4日)

  福岡教育大学の教職員を代表して、新入生のみなさんのご入学を心より歓迎いたします。

 ここにお集まりの方々は、本学教育学部の入学者である、初等教育教員養成課程、初等教育教員養成課程幼児教育選修、中等教育教員養成課程、特別支援教育教員養成課程のみなさんです。また、大学院教育学研究科の入学者である、教育科学専攻と教職実践専攻のみなさん、そして、特別支援教育特別専攻科のみなさんに加えて、外国からお見えの教員研修留学生の方々です。

 本学で過ごされる年月は、一年間から四年間までそれぞれに異なります。みなさんの目標に向かって、本日から学びを進めていただきたいと思います。

 また、ご家族の皆様には、めでたく今日の日を迎えられましたことに、お慶びを申し上げます。そして、本日ご臨席を賜りました来賓の皆様にも、厚く御礼を申し上げます。

 さて、これから次の三点についてお話いたします。

 最初は、本学の歴史について紹介いたします。次は、本学の目指す姿、福岡教育大学の展望についてです。最後に、本学で学ぶみなさんへ、わたくしからのメッセージです。

 始めに、本学の歴史についてお話しいたします。本学の起源は、今から144年前の、明治6年に開設されました、小学校の教員を養成する「学科取調所」にあります。この学科取調所は、後に「福岡師範学校」と改組されました。

 その後、昭和24年5月31日に公布されました国立学校設置法に基づき、福岡県内に設置されていましたいくつかの師範学校を包括して、新制大学「福岡学芸大学」として発足いたしました。これにより、本学の開学記念日は6月1日です。
 昭和41年4月1日には、国立大学設置法の一部改正により、大学の名前を「福岡教育大学」と改め、同年11月1日には、各地に分散していたキャンパスを、この宗像、赤間の地に統合移転を完了しました。この統合移転については、映画にもなりました出光興産の創業者である、出光佐三氏と当時の宗像町のご協力によるものです。平成16年4月1日からは、国立大学の法人化により、「国立大学法人福岡教育大学」となりました。この間、昭和58年に、大学院教育学研究科を、平成21年には、大学院に教職実践専攻を設置しました。

 次に、これからの福岡教育大学についてお話しします。
 本学は、義務教育に関する、九州の教員養成拠点大学として、豊かな知を創造し、力のある教員を育てることを基本的な理念としています。実践的指導力の育成・強化を図るためにカリキュラム改革を行うとともに、正課外の活動として、全ての学生が参加できるように、ボランティア活動の支援を行います。また、学校現場で実践可能な英語コミュニケーション能力の習得や、留学に必要な英語力向上を目指す「英語習得院」を設置しました。
これらにより、平成32年には、教員就職率90%を実現するように、教職員、総力を挙げて取り組んでいます。入学生のみなさんは、是非この正課外の活動にも参加してください。

 最後は、本学で学ぶみなさんへ、わたくしからのメッセージです。

 ここには、既に教職に就いておられる方もいらっしゃいますが、みなさんの多くは、卒業後に教師なるために入学されたと思います。そんなみなさんが目指す、これからの教員には、「自ら学び続けること」が大切です。みなさんは、興味関心がもてるならば、学び続けることは容易であると思っている方もいらっしゃることでしょう。しかしながらわたくしは、努力ができるということは、一つの才能であり、厄介なことに、学び続けることによってのみ、この才能を伸ばすことができると思っています。

 学び続けるためには、分かったふりをしないことが先ず必要です。次に、分からないことがあれば、その内容を言語化し、自ら抱え込み、自分の頭の中で育てるのです。わからないことを明確に意識できれば、逆に、思わず視野が開けたり、理解が深まったり、と前に進むことができるものです。分からないことから逃げ出さずに、分からないことを認めることからスタートしてください。
そして何より、「分からなくても不安に思う必要はない。」とみなさんに伝えたいと思います。

 加えて、これまで学校で学んできたことを、これからは、みなさんが教える立場になります。既に十分に理解していると思われることでも、改めて考えなおしてみることにより、新しい知識の展望が開けます。わたくしの専門である数学の幾何学という部分から、一つ例を挙げてみましょう。

 算数の学習で、円の周の長さや面積を求めるための公式があります。どのような工夫をして、公式を導いたのか覚えていますか。公式を学ぶ価値は、暗記していろいろな問題が解けるようになることだけではありません。円という図形は、中心と半径さえ決まれば描くことができます。すなわち、周の長さや囲む面積という円の性質は、「中心」と「半径」を使って表現できるはずだと考えるのは、自然な発想だと思いませんか。このような発想が価値を生むのです。公式はその結果に過ぎません。

 学ぶにあたり、分かったふりをすると、自らを騙してしまい、そこで成長が止まります。
また、後で勉強しようと思ってしまうと、問題を先送りする癖がついてしまいます。ですから、分からなくても不安に思わず、自分が分からないことに真っ向から向き合い、立ち向かっていく勇気をもつことが大切です。

 このようなことを心に留め置き、これから始まります本学でのみなさんの大学生活が、輝かしいものになることを祈念いたしまして、わたくしの式辞といたします。

Page Up