このページの本文へジャンプする

大学案内

About

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 福岡教育大学は、教員養成の広域拠点大学として、以下の事項を重点とする学士力を身に付け、かつ所定の単位を修得した学生に対して、卒業時に「学士(教育学)」の学位を授与する。

  • 幅広い視野と豊かな教養
     グローバル社会の中で自ら適応できるとともに、子どもに必要な力を指導できるよう、国際的な視野をもつとともに我が国の伝統文化を理解し、様々な分野にわたる知識、情報活用力、論理的思考力・判断力、コミュニケーション力を身に付け、自律的に行動する人間性を有している。
  • 高い専門性
     学校教育を担うために必要な教科等、教育内容の選択と配列及びその本質や幼児・児童・生徒の発達特性を踏まえた指導と評価に関する知識・技能を備えた高い専門性を有している。
  • 確かな実践力
     これからの時代や社会が要請する学校教育の諸課題について、主体的に考え、判断し、よりよい解決に向けて自主的・協働的に、かつ創造的・計画的に取り組むことのできる確かな実践力を有している。
  • 責任を担う社会性
     地域社会や学校において教員としての果たすべき役割を自覚し、他者と協力しながらその役割を遂行できる社会性を有している。
  • 将来にわたる自己実現力
     教員として働くことへの誇りをもち、時代や状況の変化を主体的に受け止め、自ら設定した目標の価値を認識して、その達成のために努力を惜しまず、将来にわたって我が国の教育の充実と発展に寄与しようとする志向性を有している。

  各課程では、特に次のような力を身に付けることを目指す。

  • 【初等教育教員養成課程】
       小学校の各教科に対応しうる知識・技能及び思考力とともに、幅広い年齢層にわたる、児童の発達段階に応じた適切な指導力を培う。幼児教育選修では、現代の幼児教育に対応しうる専門的な知識・技能、思考力及び人間性とともに、幼稚園と小学校の双方で適切に指導できる実践力を培う。
  • 【中等教育教員養成課程】
       専門の教科に関する知識や技能を基盤として、それを応用・発展させる授業開発力、中学校・高等学校、中等教育学校の生徒に、適切に対応する指導力を培う。
  • 【特別支援教育教員養成課程】
       担当する校種・学部の教科等に関する指導力とともに、子どもたちの多様な発達段階や障害による学習上または生活上の困難に対処し、自立を支援できる指導力を培う。

Page Up